logo

新卒採用サイト

logo

JOB

カーライフに不可欠なカーケアの

販売強化に”人間力”で挑む

金子 諒

コスモ石油マーケティング(株)
カーケア事業部
SSオイルグループ

2013年入社。商学部 商学科 卒業。入社後はコスモ石油ルブリカンツのSS販売部に配属され、オイル販売担当として販売強化に従事する。その後、系列店以外でのオイル販売も兼任。一方で、会社がスポンサーを務めるレーシングチームの窓口も担当する。2015年10月から現在の部署へ。

実家はサービスステーションを運営。
地域のエネルギーを支える姿に憧れて。

実家がサービスステーションを運営していたそうですね。

はい、プロパンガス販売とサービスステーションの運営を行っていました。幼少期から地域のエネルギーを支える親の背中を見て、自分も人々の生活を支える仕事がしたいと考えるようになりました。そのため、就職活動において自分の進路を考えたときに、サービスステーション周りの仕事は自然と浮かんできましたね。

コスモエネルギーグループを志望したのはなぜですか?

石油開発から精製、販売まで、幅広い仕事に携われる点に魅力を感じたからです。特にコスモエネルギーグループは石油だけでなく、再生可能エネルギー事業も手掛けているため、総合エネルギー企業として今後のエネルギー変革に対応できる多様性も感じ取ることができました。

カーケアからカーライフを支えるため、
支店と連携して販売強化を図る。

サービスステーションは、給油以外の売上も重要なのですよね。

その通りです。サービスステーションのメインの商品はガソリンというイメージが強いですが、実は車のメンテナンスなどによる収益も大きく、オイル、バッテリー、ワイパーなど幅広いカーケア商材も扱っています。中でも私はオイルを担当しており、主な役割は計画の策定や企画、支店販売担当者のサポートなど。具体的にはキャンペーンの運営、研修会のコーディネート、特約店の販売強化策の立案などを行っています。

どんなところに仕事の難しさを感じていますか?

自分自身ではなく、支店の販売担当者を通じて施策を発信するところです。私は直接お客様に提案する立場にはありません。そのため、できるだけ全員に方針を納得してもらえるように、現場の情報を持っている支店の社員と密接にコミュニケーションを取るよう心がけています。

“人間力”が販売のカギとなる。
信頼関係を築くことの大切さ。

金子さんは長くオイルに関わっていますね。オイルという商品への思い入れはありますか?

もちろんです。カーケア商材全般に言えますが、価格や品質だけでなく、“人間力“が重要な商品だと思っています。私が入社したばかりの頃、担当店でセールスのコンテストを企画したことがありました。そして、ある月の粗利で前年比270%の実績を達成。できるだけお店に足を運んで私の顔を覚えてもらい、「金子さんのために頑張ろう」と言ってもらえたからこそ、成し遂げられたことですね。

今後、コスモエネルギーグループで成し遂げたいことはありますか?

現在、当社は総合エネルギー会社として風力発電にも力を入れています。将来は、そのような再生可能エネルギー事業にも関わっていきたいです。コスモエネルギーグループは新しいビジネスにチャレンジできる会社ですから、挑戦したい人には向いていると思います。

OFF STYLE

社会人のバンドサークルでボーカルを担当しています。もともと音楽をやっていたわけではなかったのですが、一人でカラオケに行くくらい歌うことが好きでした。生の演奏だと、カラオケのように一定のリズムでなかったりするところが面白いですね。大きな音を出して歌うのは気持ちいいです。