共通ナビゲーションを飛ばす
プレスリリース

プロピレン精留設備の運転を開始しました

2022年5月12日
コスモエネルギーホールディングス株式会社
コスモ石油株式会社
丸善石油化学株式会社

コスモエネルギーホールディングス株式会社(代表取締役社長:桐山 浩)のグループ会社であるコスモ石油株式会社(代表取締役:鈴木 康公、以下「コスモ石油」)および丸善石油化学株式会社(代表取締役:馬場 稔温、以下「丸善石化」)は、丸善石化千葉工場において両社の共同事業として建設を進めていたプロピレン精留設備の運転を開始しました。

プロピレン精留設備は、コスモ石油の流動接触分解装置から生産されるリファイナリーグレードプロピレン(以下「RGP」)と、丸善石化のエチレン製造装置から生産されるケミカルグレードプロピレン(以下「CGP」)を、付加価値の高いポリマーグレードプロピレン(以下「PGP」)へ高純度化する精留設備です。PGPはポリプロピレンの原料として使用され、その用途は包装材・繊維・容器・自動車部品など広範囲にわたるため、PGPを生産・販売することで新たなビジネスの創出が期待されます。プロピレン精留設備の新設により、第6次連結中期経営計画で掲げる石油精製事業と石油化学事業のシナジー追求を加速し更なる競争力の向上を実現してまいります。

<設備写真>

写真

<設備概要>

設備名 プロピレン精留設備
生産能力 年間264千トン(PGP)
使用原料 コスモ石油 RGP、丸善石化 CGP
新設工事完了 2022年4月
竣工式概要 開催日:2022年5月9日(月)
:丸善石化 千葉工場内
出席者: コスモ石油 千葉製油所 取締役執行役員所長 禰津 知徳
  丸善石化 千葉工場 執行役員工場長 大木 健史 ほか

<竣工式の様子>

写真
(前列)コスモ石油千葉製油所 取締役執行役員所長 禰津 知徳(左)、
丸善石化千葉工場 執行役員工場長 大木 健史(中央)、
テックプロジェクトサービス株式会社 代表取締役社長 小原 敬士(右)(敬称略)

PDF版

以上

【本件に関するお問い合わせ先】
コスモエネルギーホールディングス株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報グループ 山田・野田
電話 03-3798-3101  FAX 03-3798-3841
丸善石油化学株式会社
総務部 広報グループ 根岸
電話 03-3552-9361  FAX 03-5566-8391

本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved