共通ナビゲーションを飛ばす
プレスリリース

再生可能エネルギーアグリゲーション実証事業(※1)への参画について

2021年6月9日
コスモエネルギーホールディングス株式会社

コスモエネルギーホールディングス株式会社(代表取締役社長:桐山 浩)の100%子会社であるコスモエコパワー株式会社(代表取締役社長:野地 雅禎)は、東芝ネクストクラフトベルケ株式会社をコンソーシアムリーダーとする再生可能エネルギーアグリゲーション実証事業に参画することをお知らせいたします。本実証事業は経済産業省が公募した「令和3年度 蓄電池等の分散型エネルギーリソースを活用した次世代技術構築実証事業費補助金(再生可能エネルギー発電等のアグリゲーション技術実証事業のうち再生可能エネルギーアグリゲーション実証事業)」に採択され行われるものです。

本事業は、変動性の高い太陽光発電、風力発電等の再生可能エネルギー発電設備と蓄電池等の分散型エネルギーリソース(以下、「DER」)を組み合わせ、需給バランス確保のための発電量予測や、リソース制御に必要となる技術等の実証を行うことで、DERを活用した安定かつ効率的な電力システムの構築と、再生可能エネルギーの普及拡大を図ることを目的として行われるもので、本日から本実証を開始する予定です。

現在日本では、FIT(※2)制度のもと再生可能エネルギーの導入が進んでいます。2021年4月からは電力の需給調整市場が段階的に立ち上がっており、再生可能エネルギーや蓄電池などのDERの活用が期待されています。2022年4月からは、再生可能エネルギーの主力電源化を見すえて、FIP(※3)制度への移行が予定されています。FIP制度下で発電事業者は、正確な発電量予測に基づく計画値同時同量(※4)の責務が課されるほか、変動する市場価格に応じた最適な取引によるマーケットリスクへの対応が必要となります。

コスモエネルギーグループは、本実証事業を通して安全・安定かつ効率的な再生可能エネルギー供給システムの構築に貢献すると共に、FIT制度終了後の事業モデルを構築し、2050年のカーボンネットゼロの実現を目指してまいります。

(※1)正式名称は「令和3年度 蓄電池等の分散型エネルギーリソースを活用した次世代技術構築実証事業費補助金(再生可能エネルギー発電等のアグリゲーション技術実証事業のうち再生可能エネルギーアグリゲーション実証事業)」

(※2)FIT:Feed In Tariff

(※3)FIP:Feed In Premium

(※4)計画値同時同量:発電事業者や小売電気事業者などが30分単位で発電計画と発電実績、需要計画と需要実績を一致させるように調整をおこなう仕組み

以上
【本件に関するお問い合わせ先】
コスモエネルギーホールディングス株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報グループ 野田・山田
TEL 03-3798-3101 FAX 03-3798-3841
本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved