共通ナビゲーションを飛ばす
プレスリリース

秋田県由利本荘市沖の洋上風力「促進区域」※1指定を受けた
事業者公募手続きの本格準備の開始について

2020年7月21日
コスモエネルギーホールディングス株式会社

コスモエネルギーホールディングス株式会社(代表取締役社長:桐山 浩)は、子会社であるコスモエコパワー株式会社(代表取締役社長:野地雅禎、以下、コスモエコパワー)の出資する、秋田由利本荘洋上風力合同会社(以下、合同会社)が洋上風力発電事業(以下、本事業)を検討している秋田県由利本荘市沖について、本日、再エネ海域利用法※2に基づき洋上風力発電設備を優先的に整備できる「促進区域」※1に指定されましたので、お知らせ致します。

本事業は、「地域との共存共栄」を目指して2015年に検討を開始し、2016年に事業計画を策定致しました。その後、風況観測や風車の最適配置に必須である海底地盤調査を実施するとともに、環境影響評価の手続き、地域の皆さまへの説明会を行い、事業実現に必要な準備を整えて参りました。

指定を受け、コスモエコパワー含む合同会社は、今後、事業者公募手続きにおける公募占用計画の提出に向けた準備を進めてまいります。

コスモエネルギーグループでは、第6次連結中期経営計画「Oil & New」において再生可能エネルギー事業を新たな柱と位置付けており、洋上風力発電プロジェクトにつき、現在本事業を含め4区域の計画※3について既に発表しております。今後、事業実現に向けた準備を着々と進めるとともに、新規計画の策定など、長期的な事業拡大を目指すことで、環境施策の推進、さらにはSDGsの実現を目指して参ります。

<秋⽥県由利本荘市沖洋上風⼒発電 事業概要>

事業主体:秋⽥由利本荘洋上風⼒合同会社(秋⽥県由利本荘市、2017年設立)

出資会社:コスモエコパワー株式会社
株式会社レノバ
JR東日本エネルギー開発株式会社
東北電⼒株式会社

設備容量:約700MW(70万kW)

上記事業の概要は本件発表時点での計画であり、今後変更となることがあります。

※1:促進区域とは、自然的条件が適当であること、漁業や海運業等の先行利用に支障を及ぼさないこと、系統接続が適切に確保されること、等の要件に適合した一般海域内の区域のことで、洋上風力発電事業の実施のため再エネ海域利用法※2に基づき指定され、その区域内では最大30年間の占用許可を事業者は得ることができる。

※2:海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進に関する法律
<ご参考:資源エネルギー庁HP「洋上風力発電関連制度」>

※3:コスモエネルギーグループの洋上風力発電プロジェクト4区域

※4:秋田港能代港のみ港湾区域(他の3区域は一般海域)

以上

【本件に関するお問い合わせ先】
コスモエネルギーホールディングス株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報・ブランド戦略グループ 多村・野田
電話 03-3798-3101  FAX 03-3798-3841

本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved