共通ナビゲーションを飛ばす
プレスリリース

四日市霞発電所の改造工事(燃料転換工事)完了による竣工披露式実施について

2018年1月12日
コスモエネルギーホールディングス株式会社

コスモエネルギーホールディングス株式会社(代表取締役社長:桐山浩)のグループ会社である四日市霞パワー株式会社(代表取締役:野地雅禎)は、従来の残渣油に加えて石油コークスでも発電が可能となるよう改造工事(燃料転換工事)を進めておりましたが、この度、工事が完了し、以下のとおり竣工披露式を執り行いましたので、お知らせいたします。

コスモエネルギーグループはこれまで培ってきたIPP事業のノウハウ提供や、同グループで製造される残渣油や石油コークスを供給することで競争力を高めてまいります。なお、発電設備の運転管理および燃料(石油コークス等)の調達・供給、電力の販売につきましては、コスモ石油株式会社(代表取締役社長:小林久志)が行ってまいります。

写真:
テープカットの様子
(左から、コスモ石油 岩田常務、コスモ石油 小林社長、
 四日市霞パワー 野地代表取締役、コスモ石油 中山取締役)

<竣工披露式概要>

開催日 2018年1月11日(木曜日)
場所 四日市霞発電所(テープカット)
四日市都ホテル(竣工披露式)
コスモエネルギー
グループ出席者
(敬称略)
コスモ石油株式会社
代表取締役社長
小林 久志
 
常務取締役所長
岩田 育章 他
四日市霞パワー株式会社
代表取締役
野地雅禎
(コスモエネルギーホールディングス株式会社 関連事業統括部長 兼任)
改造工事完了 2017年11月末
設備概要
発電所名
四日市霞発電所
発電規模(送電端)
200,000kW
使用燃料
石油コークスおよび残渣油
発電方法
ボイラ・蒸気タービン発電
以上

【本件に関するお問い合わせ先】
コスモエネルギーホールディングス株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報室 青井・増田
電話 03-3798-3101  FAX 03-3798-3841

本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved