共通ナビゲーションを飛ばす
プレスリリース

コスモ石油エコカード基金
「アカマツの森里山再生」エコツアー実施のご報告

2014年10月7日
コスモ石油株式会社
経営企画ユニット
コーポレートコミュニケーション部 広報室

コスモ石油株式会社(代表取締役社長:森川桂造)では、「ずっと地球で暮らそう。」を合言葉に、コスモ・ザ・カード・オーパス「エコ」とコスモ・ザ・カード・ハウス「エコ」会員(以下「エコ」会員)の皆さまと共に、コスモ石油エコカード基金を2002年4月にスタートし、国内外で地球環境貢献活動を展開しています。

2014年度よりコスモ石油エコカード基金のプロジェクトパートナーとなった、NPO法人森のライフスタイル研究所の「アカマツの森里山再生」プロジェクト(※1)を、「エコ」会員の皆さまに体験していただくエコツアーを実施しましたので、以下の通りご報告いたします。

集合写真
集合写真

(※1)「アカマツの森里山再生」とは
1960年代の木質燃料から化石燃料への燃料転換に伴い、森林伐採や落ち葉かきなどの人の森林への関与が減りました。落ち葉が堆積し、アカマツ林の土壌の栄養が豊かになったことにより、栄養の貧しい土壌を好むアカマツが徐々に衰退し、松くい虫の原因であるマツノザイセンチュウによって、アカマツが枯れる状況が続いています。
当プロジェクトでは地元の皆さまとボランティアの皆さま方のご協力のもと、里山を再生すべく活動を行っています。

<実施概要>

名称 コスモ石油エコカード基金「アカマツの森里山再生」エコツアー
日時 2014年10月4日・5日 (1泊2日)
主催 コスモ石油エコカード基金、コスモ石油株式会社
場所 長野県 伊那市
内容 アカマツ林の整備のための柴かき、菌根菌調査
参加者 「エコ」会員とそのご家族 14名
NPO法人森のライフスタイル研究所 一般ボランティア 25人
スタッフ NPO法人森のライフスタイル研究所、近畿日本ツーリスト株式会社、
コスモ石油グループ社員ボランティア、コスモ石油エコカード基金事務局

<活動報告>

栄養の乏しい土壌を好むアカマツ林を保護するため、柴かき(※2)の作業によって森林整備を実施しました。

NPO法人森のライフスタイル研究所と協力して活動している地元企業株式会社アーバンフォレストリーの藤原氏から、アカマツ林と菌根菌についてのお話をうかがい、柴かきの大切さを理解しました。柴かきを行うと森の環境が整い、生態系も豊かになります。また、キノコも生えやすくなり、秋の楽しみの1つともなります。今後も活動を継続し、豊かなアカマツ林を育ててまいります。
(※2)林内の落ち葉を熊手で取り除きます。

<スケジュール>

4日
8時 東京 出発
8時30分 名古屋 出発
13時 宿「入野谷」到着 昼食
14時 伊那市富県地区アカマツ林に
向け出発
14時40分 アカマツ林到着
アカマツ林についてのお話、
作業手順説明、柴かき作業、
菌根菌調査
16時30分 作業終了 宿へ移動
18時 夕食
19時15分 株式会社アーバンフォレストリー吉見氏による森林学習
(座学)
20時15分 初日終了
5日
7時 朝食
8時30分 体育館にて除伐作業体験ときのこについての講習会
10時 ゼロ磁場「分杭峠」見学
(希望者)
11時30分 地元の方々の手作りの昼食
(おにぎり・きのこ汁)
14時 東京/名古屋に向け出発
19時 東京/名古屋にて解散
写真
森の中での学習会
写真
柴かき作業
写真
森林学習会
写真
除伐作業体験
以上

【本件に関するお問い合わせ先】
コスモ石油株式会社  経営企画ユニット コーポレートコミュニケーション部 広報室
前田・潮田・藤原
電話 03-3798-3101   FAX 03-3798-3841

本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved