共通ナビゲーションを飛ばす
プレスリリース

アブダビ首長国王立科学技術系高等学校 短期留学プログラムの実施について

2014年9月8日
コスモ石油株式会社
学校法人立命館

コスモ石油株式会社(代表取締役社長:森川 桂造、以下「コスモ石油」)とその子会社であるアブダビ石油株式会社(代表取締役社長:西 聡、以下「アブダビ石油」)及び学校法人立命館(理事長:長田 豊臣、以下「立命館」)は、8月25日から13日間にわたり、アラブ首長国連邦(以下、UAE)アブダビ首長国の王立科学技術系高等学校(Applied Technology High School、以下、ATHS)の高校生15名を立命館大学宇治高校にて受け入れる短期留学プログラムを実施し、9月5日に同プログラムの修了式を無事終えましたので、お知らせ致します。

これは、アブダビ首長国のムハンマド・ビン・ザーイド・アル・ナヒヤーン皇太子からの要望をもとに、コスモ石油とアブダビ石油が2007年より取り組んでいるUAEの若年層向け日本語教育支援活動(※)の一環として立命館の協力により実現した企画で、2012年より毎年実施しており、今回で3回目となります。

2013年5月にアブダビ首長国にて実施された安倍晋三内閣総理大臣とムハンマド皇太子の会談において、安倍総理より、若い世代の人材育成の重要性を鑑み、UAEから今後5年間で500人の留学生を受け入れる旨述べられるなど、両国は、教育分野での協力を強化することで一致しており、本プロジェクトは、このような両国政府の協力関係の一助となるものと考えております。

尚、第1回目の短期留学プログラムに参加したATHSの生徒のうち9名が、本年秋以降に日本の大学への長期留学を予定しています。

コスモ石油とアブダビ石油及び立命館は、UAEの生徒たちが日本語や日本文化への理解を深め、両国間の関係をさらに強化する人材に成長するよう願っており、今後も取り組みの充実をめざしてまいります。

写真
【プログラム概要】
期間 2014年8月25日(月曜日)~9月6日(土曜日) (13日間)
人数 ATHS 高校1年生15名(男子9名、女子6名)
主催 コスモ石油、アブダビ石油、立命館
内容 ATHSで日本語教育プログラムを受講している生徒が来日し、立命館大学宇治高等学校での
日本語学習や同校の高校生との交流に加え、嵐山や金閣寺などを巡る日本文化の体験、日本の
産学が誇る先端技術に触れるツアーの見学などを実施
修了式 2014年9月5日(金曜日)16時30分~18時10分
(立命館宇治高等学校大ホール)
以上

※アブダビ首長国での日本語教育支援活動について
コスモ石油とアブダビ石油及び立命館は、共同で2011年9月よりATHSにおける日本語教育プログラム(COSMO ADOC Ritsumeikan Japanese Language Teaching Program)を実施しており、コスモ石油とアブダビ石油がプログラムへの資金援助を行い、立命館は現地へ派遣している教員3名への技術提供および日本語教育カリキュラムの作成や監修を行っています。この活動はアブダビ首長国政府より高い評価を受けており、2014年6月には、アブダビ教育評議会と同プログラムの3年間延長を合意しております。(2014年6月16日既報

【本件に関するお問い合わせ先】
コスモ石油株式会社 経営企画ユニット コーポレートコミュニケーション部 広報室 前田・潮田
電話 03-3798-3101 FAX 03-3798-3841

学校法人立命館 総合企画部 国際連携課 濵﨑・吉井
電話 075-813-8207 FAX 075-813-8206

本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved