共通ナビゲーションを飛ばす
プレスリリース

コスモ石油エコカード基金 「エコ」会員向け
「種まき塾の里親プロジェクト」植林体験エコツアー
実施のご報告

2014年8月26日
コスモ石油株式会社
経営企画ユニット
コーポレートコミュニケーション部 広報室

コスモ石油株式会社(代表取締役社長:森川桂造)では、「ずっと地球で暮らそう。」を合い言葉に、コスモ・ザ・カード・オーパス「エコ」とコスモ・ザ・カード・ハウス「エコ」会員(以下「エコ」会員)の皆さまと共に、コスモ石油エコカード基金を2002年4月にスタートし、国内外で地球環境貢献活動を展開しています。

この度、2011年に実施したコスモ石油エコカード基金「種まき塾の里親プロジェクト(*)」で「エコ」会員の皆さまに里親となって種を蒔き、育てていただいた苗が、当プロジェクトパートナーのもとで植林可能な大きさまで成長したため、北海道の自然や生態系などを学びながら植林活動をおこなう内容で本体験ツアーを開催しました。

集合写真
集合写真

【実施概要】

名称 コスモ石油エコカード基金10周年記念企画「種まき塾の里親プロジェクト」
日時 2014年8月22日(金曜日)~23日(土曜日)
主催 コスモ石油エコカード基金、コスモ石油株式会社
場所 北海道 富良野市
内容 旧富良野プリンスゴルフ場への植林・環境教育プログラムへの参加、など
参加者 「エコ」会員とそのご家族・ご友人 17名
スタッフ 有限責任事業組合 富良野種まき塾、NPO法人C.C.C富良野自然塾、ゆうばり自然体験塾、
近畿日本ツーリスト株式会社、コスモ石油エコカード基金事務局

【活動報告】

プログラムの最初は、数年後の植林活動の際の苗木となる実生(みしょう・・・芽が出たばかりの幼い苗木)を、「種まき塾」の方々の指導のもと掘り出しました。

次に植林活動に先立ち、育てられた苗木の植林を活動内容とする「富良野自然塾」の環境教育プログラムに参加し、自然や地球の成り立ちについて学びました。

その後、植林活動場所である「旧富良野プリンスゴルフ場」に移動し、3人一組になって植林活動をスタートしました。人の手によって開発され、2005年に閉鎖されたゴルフ場跡地を昔の森に還すことを目的に、「種まき塾」が苗を提供し、「富良野自然塾」によって植林活動が行なわれています。今回の植林活動は、ゴルフ場当時はグリーンだった場所の芝生をスコップで剥ぎ取り、直径50センチメートル深さ20センチメートル程の穴を掘り、お互いの苗が助け合って成長するように3種類の苗木を並べて植えました。

写真:実生を採取している様子実生を採取している様子
写真:植樹の苗作りの様子植樹の苗作りの様子
写真:富良野自然塾参加の様子富良野自然塾参加の様子
写真:植樹作業の様子植樹作業の様子

(*)コスモ石油エコカード基金10周年記念企画「種まき塾の里親プロジェクト」とは
当基金の10周年を記念し、2011年に「エコ」会員に参加者を募り実施したプロジェクトです。
参加者は種と苗床を受け取り、自宅などで種を蒔き、一定の期間、里親として育て、当プロジェクトパートナーである「種まき塾」へ返送しました。その後、苗は「種まき塾」で約3年かけて育成され、北海道の森づくりに活用されました。

以上

【本件に関するお問い合わせ先】
コスモ石油株式会社 経営企画ユニット コーポレートコミュニケーション部 広報室
前田・潮田・藤原
電話 03-3798-3101 FAX 03-3798-3841

本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved