共通ナビゲーションを飛ばす
プレスリリース

南海トラフ地震を想定した「災害時石油供給連携計画」連携訓練実施について

2014年6月6日
コスモ石油株式会社
経営企画ユニット
コーポレートコミュニケーション部 広報室

コスモ石油株式会社(代表取締役社長:森川桂造)は、防衛省の「平成26年度自衛隊統合防災演習(26JXR)」の一環として行われた同省・自衛隊、資源エネルギー庁、石油連盟による合同の石油供給訓練を、当社堺製油所にて実施しました。

また、本訓練にあわせ、当社におきましても、南海トラフ地震発生を想定した「災害時石油供給連携計画※」発動時の連携訓練を実施しましたので、以下の通りお知らせいたします。

供給訓練実施日時 2014年6月5日(木曜日)13時00分~15時41分(事前説明を含む)
(連携訓練自体は、6月2日9時25分から開始し、6月5日15時41分に終了)
実施場所 コスモ石油株式会社 堺製油所
訓練参加者 防衛省・自衛隊、資源エネルギー庁、石油連盟および当社の関係者 約50名
訓練概要

今回の連携訓練は、南海トラフ地震が6月2日午前9時25分頃に発生したものと想定し、当日実施された「平成26年度自衛隊統合防災演習(26JXR)」のプログラムにあわせて実施しました。

同日午前10時に当社本社、堺製油所内に危機対策本部を設置し、BCPを発動しました。堺製油所において地震発生直後の社員安否確認、製油所内設備の被害状況などの確認などに加え、石油連盟に設置された共同オペレーションルーム、当社本社、および堺製油所危機対策本部との石油製品供給に関する連携訓練を行いました。

また、6月5日には、ドラム充填設備を活用した自衛隊による円滑な石油輸送の実現に向けた訓練などを行いました。

今回の訓練を通じて、コスモ石油では更なる災害対応力の向上に努め、大規模災害発生時においても石油製品の安定供給を図ってまいります。

  • ※災害時石油供給連携計画
    石油精製業者等(石油精製業者、特定石油販売業者又は石油輸入業者のうち、経済産業省令で定めるもの)のうち、経済産業省令で定める地域ごとに経済産業大臣が指定するもの(以下「特定石油精製業者等」という。)に対し、災害時において石油の安定的な供給を確保するため特定石油精製業者等、相互間の連携に関する計画。
以上
写真:
石油製品を充填したドラム缶を当社社員がフォークリフトで運び、
自衛隊員がトラックに積み込むという、官民連携の訓練も実施しました。

【本件に関するお問い合わせ先】
コスモ石油株式会社 経営企画ユニット コーポレートコミュニケーション部 広報室 前田・坂田
電話 03-3798-3101 FAX 03-3798-3841

本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved