共通ナビゲーションを飛ばす
プレスリリース

「アブダビ首長国王立科学技術系高等学校 短期留学プログラム」の実施について
~安倍昭恵内閣総理大臣夫人がプログラム修了式に来校~

2013年8月27日

コスモ石油株式会社
学校法人立命館

コスモ石油株式会社(代表取締役社長:森川桂造、以下:コスモ石油)とその子会社であるアブダビ石油株式会社(代表取締役社長:西 聡、以下:アブダビ石油)及び学校法人立命館(理事長:長田豊臣、以下:立命館)は、2013年8月29日(木曜日)から12日間にわたり、アブダビ首長国王立科学技術系高等学校(ATHS:Applied Technology High School)の高校生15名を受け入れる短期留学プログラムを実施することとなりましたのでお知らせいたします。

これは、コスモ石油とアブダビ石油がアラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国のムハンマド・ビン・ザーイド・アル・ナヒヤーン皇太子からの要望により、2007年より取り組んでいるUAEの若年層向け日本語教育支援活動※の一環として、立命館の協力により実現した企画で、今回で2回目の実施となります。

今回のプログラムでは、ATHSで日本語教育プログラムを受講している生徒が来日し、立命館宇治高等学校での日本語学習、日本の高校生との交流、嵐山や金閣寺などを巡っての日本文化の体験、株式会社島津製作所様や立命館大学で最先端の科学技術の見学などを行います。

また、今年は安倍昭恵内閣総理大臣夫人がプログラムの修了式に初めて出席するために立命館宇治高等学校へ来校し、生徒たちに向けてのスピーチを行う予定です。今回の来校は、2013年5月に安倍晋三内閣総理大臣がアブダビを訪れた際に、安倍昭恵氏がATHSで日本語プログラムに参加する現地の女子生徒と懇談会を実施し、現地の生徒たちと日本での再会を約束したことから実現するものです。

コスモ石油とアブダビ石油及び立命館は、UAEの生徒たちが日本語や日本文化への理解を深め、両国間の関係をさらに強化する人材に成長するよう願っており、今後も取り組みの充実をめざしてまいります。


【プログラム概要】

期間 2013年8月29日(木曜日)~9月9日(月曜日)
修了式 2013年9月7日(土曜日)16時~17時30分(立命館宇治高等学校大ホール)
人数 ATHS 高校1年生15名(男子7名、女子8名)
主催 コスモ石油株式会社、アブダビ石油株式会社、学校法人立命館
以上

※アブダビ首長国での日本語教育支援活動について

コスモ石油とアブダビ石油及び立命館は、共同で2011年9月よりATHSにおける日本語教育プログラム(COSMO ADOC Ritsumeikan Japanese Language Teaching Program)を実施しており、コスモ石油とアブダビ石油がプログラムへの資金援助を行い、立命館は現地へ派遣している教員3名への技術提供および日本語教育カリキュラムの作成や監修を行っています。また、この活動はアブダビ首長国政府より評価を受けており、2013年5月にはアブダビ教育評議会と日本語教育の充実に関する覚書を締結しています。(2013年5月2日既報


【本件に関するお問い合わせ先】
コスモ石油株式会社 コーポレートコミュニケーション部 広報室(担当:前田・坂田)
電話 03-3798-3101 FAX 03-3798-3841
学校法人立命館 国際協力事業課(担当:友常・石野)
電話 075-813-8207 FAX 075-813-8206

本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved