共通ナビゲーションを飛ばす
プレスリリース

Hyundai Cosmo Petrochemical (HCP)株式会社
新設パラキシレン製造装置の竣工記念式典が執り行われました

2013年4月3日
コスモ石油株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報室

コスモ石油株式会社(代表取締役社長:森川桂造)とヒュンダイオイルバンク株式会社(代表取締役社長:権 五甲、以下、HDO)及び両社の合弁会社であるHCP株式会社は、当初の予定を5ヶ月前倒ししてパラキシレン製造装置を新設し、順調に商業運転と製品出荷を行っておりますが、この度、装置完成に伴う竣工記念式典を以下の通り執り行いましたのでお知らせ致します。

今回新設した装置を既存装置と共に活用する事により、中国を中心としたアジア地域における石油化学製品の需要増加に迅速に対応してまいります。また、ガソリン留分からミックスキシレンを製造する事により、日本国内のガソリン需給バランスを改善しつつ、石油化学事業による収益の拡大を図ってまいります。

当社は今回の事業を通じてHDOとの関係を更に強固なものにしていくと共に、今後も技術・研究分野を始めとする幅広い分野での事業提携や共同事業の可能性を追求してまいります。

写真左から、ユ・ジェボムHDO専務、桐山常務、森川社長、木村会長、アン・ヒジョン忠清南道知事、グォン・オガプHDO社長、イ・ワンソプソサン市長、キム・テギョンHDO労働組合委員長、イ・チョルスソサン市議会議長、ムン・ジョンバクHDO副社長
写真左から、ユ・ジェボムHDO専務、桐山常務、森川社長、木村会長、アン・ヒジョン忠清南道知事、
グォン・オガプHDO社長、イ・ワンソプソサン市長、キム・テギョンHDO労働組合委員長、
イ・チョルスソサン市議会議長、ムン・ジョンバクHDO副社長
<竣工記念式典概要>
開催日 2013年4月3日(水曜日)
場所 Hyundai Cosmo Petrochemical 大山工場(大韓民国忠清南道瑞山市大山邑)
出席者
コスモ石油
代表取締役会長
:木村 彌一
 
代表取締役社長
:森川 桂造
 
常務執行役員
:桐山 浩、ほか
HDO
社長
:Kwon Oh Gap(権 五甲)
 
副社長
:Moon Jong Bak(文 鍾博)
 
専務
:Yoo Jae Bum(劉 載範)、ほか

<装置概要>
装置完成日 2012年11月13日
商業運転開始日、出荷開始日 2013年1月18日
装置能力 パラキシレン:80万トン/年、ベンゼン:12万トン/年

HCP株式会社は、パラキシレン生産能力既存38万トン/年と合わせ118万トン/年、ベンゼン生産能力既存13万トン/年と合わせ25万トン/年の生産能力を保有しています。


以上

【本件に関するお問い合わせ先】
コスモ石油株式会社 コーポレートコミュニケーション部 広報室 前田・坂田
電話 03-3798-3101  FAX 03-3798-3841

本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved