共通ナビゲーションを飛ばす
プレスリリース

コスモ石油社会貢献活動
「楽器とあそぼう!コスモ・ファミリーコンサート
~『ドレミの歌』で東京フィルと共演~」
香川県での開催のご報告

2012年6月4日
コスモ石油株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報室

コスモ石油株式会社(本社:東京都港区 資本金:1,072億円 代表取締役社長:木村彌一)は「企業と社会の調和と共生」を経営理念に掲げ、平素より社会貢献活動に取り組んでおります。

この度、社会貢献活動の一環として、操業40周年を迎える当社坂出製油所の周辺地域にお住まいの皆さまをお招きし、ファミリーコンサートを開催しましたので下記の通りご報告致します。

写真
オーケストラとの共演の様子

<公演概要>

公演名  「楽器とあそぼう!コスモ・ファミリーコンサート 
~『ドレミの歌』で東京フィルと共演~」
開催日 2012年6月3日(日曜日)
場所 ユープラザうたづ・ハーモニーホール
主催 コスモ石油株式会社
後援 坂出市、宇多津町、坂出市教育委員会、宇多津町教育委員会
指揮 松村 秀明(まつむら ひであき)
司会 馬原 裕子(まはら ひろこ)
管弦楽 公益財団法人 東京フィルハーモニー交響楽団・13人のミニオーケストラ
スタッフ コスモ石油グループ社員ボランティア

<開催報告>

コンサート当日、ホール前には100名を超える長い列ができ、開場時間になると、共演コーナーに参加するために楽器を持参した親子や、吹奏楽部の中学生など470名の来場者が続々と入場しました。コンサートは、歌劇「カルメン」の前奏曲で勢い良くスタート。司会の馬原さんが登場すると、オーケストラを編成する13種類の楽器の特徴や弾き方などを、短い演奏を交えながらわかりやすく説明し、ベートーヴェンの「運命」の演奏では、挙手にて選ばれた3名の来場者が指揮者の体験をしました。

共演のコーナーが始まると、ヴァイオリンやフルート、すず、リコーダー、カスタネットなど様々な楽器を手にした人や、歌で参加する子どもたちが大勢ステージに上がり、あこがれのオーケストラと並んで、元気いっぱい「ドレミの歌」を演奏し、客席からは大きな拍手が送られました。

コンサート終了後、ステージやロビーでは「楽器とあそぼう!」のコーナーが開催され、先ほどまでステージ上で演奏していたオーケストラのメンバーが、それぞれの楽器の体験指導にあたりました。来場者からは、「オーケストラをとても身近に感じることができました。」「初めてヴァイオリンにさわることができました。」「親子で楽しい思い出ができました。貴重な機会をいただきありがとうございました。」と言った感想が寄せられました。

尚、当日の運営には当社グループ社員ボランティア21名が会場の準備や片付け、受付、誘導などを担当しました。

写真
開場前の様子
写真
指揮者体験コーナー
写真:
「楽器と遊ぼう」で楽器体験

【本件に関するお問い合わせ先】
コスモ石油株式会社 コーポレートコミュニケーション部 広報室 前田・金田
電話 03-3798-3101  FAX 03-3798-3841

本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved