共通ナビゲーションを飛ばす
プレスリリース

社会貢献活動「コスモ石油 中学生のためのバレエ」実施のご報告

2010年7月1日
コスモ石油株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報室

コスモ石油株式会社(本社:東京都港区芝浦1-1-1、資本金:1,072億円、代表取締役社長:木村彌一)では「社会との共生」、「地球環境との共生」を経営理念に掲げ、平素より社会貢献活動に取り組んでおりますが、コンセプトの一つとして掲げております「心豊かな文化的社会の構築」への一助として、2007年10月より新国立劇場におけるバレエ公演を年間シリーズ協賛しています。

その一環として、この度「コスモ石油 中学生のためのバレエ」を新国立劇場との協働事業として開催いたしましたのでご報告します。

写真

名目 「コスモ石油 中学生のためのバレエ」
開催日時 2010年6月30日(水曜日) 14時開演
会場 新国立劇場オペラ劇場(総客席数1,792席)
演目
バレエ「椿姫」(全2幕) 上演時間:約2時間30分(休憩含む)
振付
=牧 阿佐美
音楽
=エクトール・ベルリオーズ
編曲・指揮
=エルマノ・フローリオ
舞台装置・衣裳
=ルイザ・スピナテッリ
照明
=沢田 祐二
管弦楽
=東京フィルハーモニー交響楽団

■実施報告

新国立劇場では、舞台芸術の普及事業として若い世代が優れた生の舞台を鑑賞する機会を設け、心豊かな文化的社会の構築、そして健全な青少年の育成に努め、これまでに「高校生のためのオペラ鑑賞教室」「こどものためのオペラ劇場」等を開催し、それぞれその意義が高く評価されています。中学生向けのプログラムについてもこれまでに教育関係者から強く要望が寄せられていたことから、当社の社会貢献活動の一環として協働して2008年度より開催しております。

写真
開場を待つ中学生
写真
通常公演と同じように入場しました

当日は、当社製油所が所在する千葉県市原市の公立中学校を含めた7校・約1,700名の中学生にご来場いただき、ほぼ満席の中、「椿姫」を鑑賞しました。

上演前にバレエの見どころや劇場でのマナーの説明を受けた後、本番の幕が上がりました。物語が進むにつれ、ダンサーたちの美しい踊りやオーケストラピットから演奏される音楽に魅了された中学生から盛大な拍手が送られるなか舞台は終了しました。

コスモ石油では、これからもさまざまな社会貢献活動に取り組んでまいります。

【本件に関するお問い合わせ先】
コスモ石油株式会社 コーポレートコミュニケーション部 広報室 前田・金田・大橋
電話 03-3798-3101  FAX 03-3798-3841

以上
本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved