共通ナビゲーションを飛ばす
プレスリリース

バイオガソリン販売エリア拡大について

2010年4月27日
コスモ石油株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報室

コスモ石油株式会社(本社:東京都港区、資本金:1,072億円、社長:木村彌一)では、現在関東エリア191ヶ所のサービスステーション(以下SS)でバイオETBEを1vol%以上配合した「バイオガソリン(ハイオクガソリン含む)」を販売しておりますが、4月29日より新たに関西219ヶ所のSSへ販売を拡大する事になりました。これにより、当社のバイオガソリン取り扱いSS数は合計410ヶ所となります。

植物を原料とするバイオ燃料は、原料である植物が生育する際に光合成によってCO2を吸収している為、燃焼によってCO2を排出しても大気中の二酸化炭素の総量を増加させないという考え方(カーボンニュートラル効果)から、「バイオガソリン」に含まれているバイオETBE相当分は温室効果ガスの発生を抑制できると考えられています。

当社は、「環境にやさしい燃料」である「バイオガソリン」の販売を含め、「ずっと地球で暮らそう。」をスローガンに地球環境に配慮した活動を継続してまいります。

販売開始日 2010年4月29日(木曜日・祝日)
販売SS
【2010年4月29日より販売開始】
関西 219SS
(内訳 : 大阪126、京都28、和歌山25、奈良21、兵庫16、滋賀3)
【2010年2月20日より発売中(2月17日リリース済)】
関東 191SS
(内訳 : 茨城16、栃木16、群馬26、埼玉25、千葉93、東京15)
※販売対象SSは店頭に「のぼり」「ポスター」を掲示しています。
※販売SSに関する詳細は当社ホームページをご覧ください。
コスモ石油公式HP: http://www.cosmo-oil.co.jp/

以上

<ポスター>ポスターのイメージ画像
<のぼり>のぼりのイメージ画像


本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved