共通ナビゲーションを飛ばす

熱帯雨林保全(ソロモン)

ソロモン諸島 熱帯雨林保全 特定非営利活動法人 エーピーエスディ(APSD)

熱帯雨林保全と
経済発展の両立を目指して、
現地の人たちの支援を実施。

ソロモン諸島

プロジェクトの目的
環境と経済の調和がとれた生活を営む。
背景とプロジェクト概要
南太平洋に浮かぶソロモン諸島は、国土の大半を豊かな熱帯雨林に覆われています。この国は、都市部と農村部の経済格差が大きく、貧しい農村では焼畑農業に手を出してしまう人が後を絶たない状況に。そこで、環境保全と経済発展を両立させる取り組みがはじまりました。具体的には、職業訓練校で農業や畜産、森林管理などの講義や実習を行い、地域のリーダーを育成。また地場産業を活性化させるために、アンテナショップの経営もサポートし、この地域の経済的自立を図っています。そうすることで、環境を守りながら経済的に豊かになるという相反する課題の解決を目指しています。

2016年度プロジェクトレポート

職業訓練校において、緑化整備を実施。

現地の職業訓練校で、学校の敷地内で緑化整備を行うワークショップを実施。森づくりと農業を並行して進めるアグリフォレストリーの考え方を、理論を伝える座学と手作業による実習を、効果的に組み合わせて教えることができました。その結果、参加したのべ250名の生徒が、4,000m2を整備することに成功。森とともに、環境への意識も着実に育っています。


写真をクリックすると拡大します。
活動の様子を5枚ご覧いただけます。

アンテナショップが、順調な成長を遂げています。

ソロモン諸島では、特に農村部の生活を豊かにすることが求められています。そこでこのプロジェクトでも、地場生産の商品を現金化させる取り組みを実施。2016年度は、新たなアンテナショップを職業訓練校内にオープンさせることができました。現在は、ハチミツなどの商品開発に注目し、新たな販路を開拓していく予定です。


写真をクリックすると拡大します。
活動の様子を1枚ご覧いただけます。

  • 緑化整備 250名で4,000㎡
  • アンテナショップ 新規オープン
本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved