共通ナビゲーションを飛ばす

南太平洋諸国支援(ツバル)

ツバル 南太平洋諸国支援 特定非営利活動法人 Tuvalu Overview

なんと目標の2.5倍の植林に成功。
現地では、環境への意識も育っています。

ツバル

プロジェクトの目的
海面上昇によって侵食された土地を陸地化する。
背景とプロジェクト概要
地球温暖化のニュースで、たびたび取り上げられるツバル。南太平洋に浮かぶ小さなこの島しょ国の海抜は、最高でも5メートルほどしかありません。このプロジェクトが支援するキリバス同様に、地球温暖化の影響を真っ先に受けてしまいます。さらに干満差の大きい季節には、満潮というだけで高潮による洪水が発生したり、地下水に海水が混入して農業にも甚大な影響が生じたりと、暮らしを脅かしています。そこでエコカード基金では、現地の人たちと力を合わせてマングローブの植林を実施。海岸線の浸食を防ぐとともに、地元の人たちの環境意識を高めることをめざしています。

2017年度プロジェクトレポート

浸食を食い止め、砂の堆積を促すために、
炎天の下で植林を実施しました。

昨年度は、植林期間中の天候にも恵まれ、8回の活動で合計1万本を超えるマングローブを植林することができました。フナフチ環礁のフォンガファレ島で種子を採取し、整備した苗床で育て、海岸線に一本一本植えました。単純そうに見える作業ですが、実は外来種の種子が混入しないようにするなど、気を使う作業でもあります。この地道な取り組みが実を結び、ごく一部ではあるものの、砂が堆積傾向にある場所も確認することができています。


写真をクリックすると拡大します。
活動の様子をご覧いただけます。

現地の長老たちに、
活動の成果をプレゼンテーション。

今後は、現地の参加者をもっともっと増やすことで、本当の意味でツバルに根付いた活動にすることが目標です。その取り組みのひとつとして、今年の2月に首都であるフナフチ環礁フォンガファレ島の長老会議で、植林活動のプレゼンテーションを実施。出席者の方々に、プロジェクトの意義や成果を直接伝えることで、理解を深めてもらうことができました。引き続きワークショップを含めた啓発活動も行うことで、植林活動をさらに加速させていきます。


写真をクリックすると拡大します。
活動の様子をご覧いただけます。

  • マングローブの植林 10,596本
  • 活動報告会の参加者 100名
本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved