共通ナビゲーションを飛ばす

南太平洋諸国支援(ツバル)

ツバル 南太平洋諸国支援 特定非営利活動法人 Tuvalu Overview

小さなマングローブの苗木が、
やがて大きな自然の防波堤に。

ツバル

プロジェクトの目的
海面上昇によって侵食された土地を陸地化する。
背景とプロジェクト概要
地球温暖化のニュースで、たびたび取り上げられるツバル。南太平洋に浮かぶ小さなこの島しょ国の海抜は、最高でも5メートルほどしかありません。このプロジェクトが支援するキリバス同様に、地球温暖化の影響を真っ先に受けてしまいます。さらに干満差の大きい季節には、満潮というだけで高潮による洪水が発生したり、地下水に海水が混入して農業にも甚大な影響が生じたりと、暮らしを脅かしています。そこでエコカード基金では、現地の人たちと力を合わせてマングローブの植林を実施。海岸線の浸食を防ぐとともに、地元の人たちの環境意識を高めることをめざしています。

2016年度プロジェクトレポート

この地道な植林が、ツバルに欠かせない活動に。

浸食が進む海岸線に植樹するこの取り組みは、現地で高い期待を得ています。たとえばツバルの首相からの要望によって、官邸前の砂浜に植林したほか、現地で活躍するNGOのメンバーも植林に参加。地道な活動がこの国に力強く根付いてきました。やがて、この活動で育ったマングローブが、自然災害から暮らしを守る防波堤になってくれるはずです。


写真をクリックすると拡大します。
活動の様子を6枚ご覧いただけます。

マングローブを、種から育てています。

ここツバルでの植林活動は、種から苗木を育てることからはじまります。昨年度も、4月から7月頃は種を採取する期間。主にフナフチ環礁のフォンガファレ島に自生しているヤエヤマヒルギという種類のマングローブから種を集め、ひとつひとつの種を苗木へと育てています。そして育った苗木を、8月から3月頃にかけて、たくさんの支援者と力を合わせて植えるのです。


写真をクリックすると拡大します。
活動の様子を3枚ご覧いただけます。

  • マングローブの植林 4,200本
  • 種から栽培
本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved