共通ナビゲーションを飛ばす

C.W.ニコル・アファンの森と東松島の森づくり(長野県・宮城県)

長野、宮城 C.W.ニコル・アファンの森と東松島の森づくり 一般財団法人 C.W.ニコル・アファンの森財団

度重なる悪天候に負けず、
CO2を吸収しやすい森を
つくっています。

長野、宮城

プロジェクトの目的
アファンの森を中心とした森林保全活動を通じて、
持続可能な自然共生社会の発展に寄与すること。
背景とプロジェクト概要
アファンの森は、30年以上も放置され荒れた状態の山林をC・W ニコル氏が1986年に買い取り、生物多様性豊かな本来の日本の森に再生することを目指して保全活動を行ってきました。ツルや笹が繁茂し、暗くて人が踏み入れることもできない状態の森を手入れし、実生苗などを育て、その土地にあった樹木の植栽を行っています。現在では絶滅危惧種58種が確認されるまでになりました。また、命の環で結ばれている豊かな森は、人の心も体もその人本来の自分を取り戻せる力をもっていると考え、特に自然とふれ合う機会が限られる養護施設や視覚障害、ダウン症などの子どもたちを森に招待。心を育む自然体験活動を行っています。2011年東日本大震災以降は、震災復興プロジェクトとして被災地の方々を森に招き、ストレスを抱える子ども、大人の心のケア活動や、被災地の森の再生活動も行っています。

2016年度プロジェクトレポート

間伐によって、森の成長を促しました。

アファンの森における活動では、およそ11haという広大な面積においてコナラやクヌギなどを間伐を実施。その総量はなんと25tにも達しました。そして間伐した木々は、化石燃料を使わない馬の力を借りて搬出した後に、木材や薪として活用しています。混み合った木の間伐によって、森の成長を促すだけでなく、資源としても活用できました。


写真をクリックすると拡大します。
活動の様子を5枚ご覧いただけます。

雨にも負けず、復興の森とツリーハウスを整備。

東松島市の復興の森では、東日本大震災の後に手付かずになった森を再生するための啓発活動を行いました。当日はあいにくの悪天候にも関わらず、28名の方々に集まっていたき、笹などの切り払いのほか、この活動のシンボルでもあるツリーハウスの整備を実施。今後も、様々なイベントを企画していく予定です。


写真をクリックすると拡大します。
活動の様子を3枚ご覧いただけます。

  • 森の整備 11ha
  • 啓発活動の参加者 28名

本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved