共通ナビゲーションを飛ばす
EN  /  JA

学ぶ、守る、つなぐ、琵琶湖の水(滋賀)

学ぶ、守る、つなぐ、琵琶湖の水

小学生から高校生の若者が、琵琶湖の循環について熱心に学習。

滋賀県

プロジェクトパートナー:認定特定非営利活動法人 びわ湖トラスト

プロジェクトの目的
地球温暖化や環境破壊から、かけがえのない湖沼の環境を守ること。
そのために、情報交換や環境教育を推進していく。
背景とプロジェクト概要
日本最大の湖である琵琶湖には、年間7,900万kWhという太陽エネルギーが注がれています。これを滋賀県で一年間に使用する電力量に換算すると60倍です。しかし地球温暖化の影響で、1990年から琵琶湖の水温が急激に上昇。2019年の冬には、「琵琶湖の深呼吸」と呼ばれる水温変化による湖水の循環現象がストップしてしまいました。このプロジェクトでは、次世代を担うジュニア世代とともに、この問題に対する意識を高め、表層水と深層水の循環を促進する方法を考え、その中から最適な方法を国内外に提案していきます。そして最終的には、水面温度を1℃低下させるほか、表水層の一次生産を10%増加、さらには深水層の溶存酸素濃度を1ppm回復させることをめざしています。
※酸素を多く含んだ湖面近くの水と湖底の水が入れ替わる自然現象。

2021年度プロジェクトレポート

「Wave pump」を試作し、
船上でくり返し実験しました。

2020年にスタートした波力ポンププロジェクトは、湖面の水温が低下することによって発生する水の循環を、子どもたちに学んでもらうことが目的です。水は冷たくなると重くなり、温かくなると軽くなる性質がありますが、近年は冬になっても表層の水温が下がりにくく、水の循環が起こらないことがあり、生態系への影響が懸念されています。そこで新たに試作した「Wave pump」がさっそく大活躍し、合計800トンの表層水を深層へ送ることに成功しました。環境への意識を高めながら、モノづくりの知識もしっかり習得しています。

写真1
写真をクリックすると拡大します。
活動の様子をご覧いただけます。

ソーラーボートによって、
エネルギーの理解を深めています。

自律型ソーラーボートは、水面に注ぎ込む太陽エネルギーが動力源です。小学生や高校生たち22名が力を合わせて、2021年度は3艇のボートを完成させることができました。10月下旬には従来よりも規模を縮小しながらではありますが、2日にわたる合宿を実施。その後、予備実験を経て目標としていた大会に臨みました。全員がんばってくれましたが、残念ながら完走艇なしという結果に終わってしまいました。しかし若者たちの心は、早くも改良点を見つけて次のレースに向かう気持ちに満ちあふれています。
※適切な感染対策を講じたうえで実施しております。

写真2
写真をクリックすると拡大します。
活動の様子をご覧いただけます。

  • 上下循環の基礎学習 31名
  • ソーラーボート製作の参加 22名

本文ここまで