共通ナビゲーションを飛ばす

アカマツの森再生(長野県)

長野 アカマツの森 里山再生 特定非営利活動法人 森のライフスタイル

40名の参加者たちと森を整備。
天然のきのこが育ちやすい環境に。

長野

プロジェクトの目的
手入れ不足によって、元気をなくしたアカマツ林の修復と保全。
背景とプロジェクト概要
東に南アルプス、西に中央アルプスを望む長野県の伊那市。この周辺には多くのアカマツ林があり、木材は「伊那マツ」と称されるほど高い評価を得ていました。しかも落葉や枯れ枝は焚き付けや肥料に利用され、採れるマツタケは地域の重要な産物になるなど、アカマツはとても重要な存在でした。しかし時代が木質燃料から化石燃料に移り変わると、里山に人の手が入る機会が減り、状況は一変。土壌は富栄養化され、貧栄養を好むアカマツにとっては育ちにくい環境に。そして松くい虫が流行するなど、多くのアカマツが枯れつつありました。そこでエコカード基金では、里山を整備するプロジェクトを支援。ボランティアたちと力を合わせて、里山本来の姿を取り戻す活動を進めています。

2016年度プロジェクトレポート

アカマツの森が、キノコの自生する森に。

手入れが行き届かず、本来の機能を発揮できずにいた長野県伊那市のアカマツの森。かつてのような元気な森の姿を取り戻すために、この1年間でのべ48名のボランティアが4haという広大な森で、落ち葉や枯れ木を取り除く作業をしました。2016年の5月と10月の2回にわたって実施したこともあり、マツタケなどに欠かせない菌根菌の数は、この3年間で最高の数が確認できるまでに。もともとの生態系が戻りつつあります。


写真をクリックすると拡大します。
活動の様子を5枚ご覧いただけます。

子ども向けの森林体験教室も開催。

アカマツの森を次世代に残すためには、次世代の主役である子どもたちの活躍が欠かせません。そこで2016年9月には、子ども向けの森林体験教室を開催。実際に森の中に入ることで、森林資源を地域で守っていくことの大切さを、カラダ全体で学びました。森だけでなく、子どもたちの環境意識も育っています。


写真をクリックすると拡大します。
活動の様子を3枚ご覧いただけます。

  • 再生面積 4ha
  • 参加者数 26名

本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved