共通ナビゲーションを飛ばす

社長インタビュー

新型コロナウイルス感染症への対応について

2020年度は新型コロナウイルス感染症に始まり新型コロナウイルス感染症に終わった一年だったと思います。まずはこの未曽有の災害により亡くなられた方々に深く哀悼の意を表しますとともに、社会のため人命のために日々尽力されている方々に深く敬意と感謝を表したいと存じます。

当社グループは新型コロナウイルス感染症への対応として、徹底した危機管理を実施しました。当社グループの危機管理規程に則り、危機対策本部合同会議を2020年2月から2020年度末にかけて22回開催し、本社や製造部門における感染対策の徹底を行いました。また、製油所・工場部門を除く全事業所において、テレワーク体制を確立しました。従前よりテレワーク体制は、2020年に予定されていた東京オリンピック開催時に出社が困難になる事態を想定し構築しており、緊急事態宣言が発出されていた2020年5月には本社部門の出社率を10%程度に抑えることができました。テレワークを導入することが難しい製油所・工場部門においても徹底した感染予防対策により操業への影響を出すことなく、エネルギーの安定供給という当社グループの責務を果たすことができました。

テレワークについては新たな社会様式として定着していくものであり、「働き方の多様性」「働き方改革」の一つとして継続していくものと考えています。

本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved