共通ナビゲーションを飛ばす

社長インタビュー

2018年度実績

2018年度は、売上高で前年比2,473億円増の27,704億円、在庫影響を除いた経常利益は同115億円増益の1,074億円、親会社株主に帰属する当期純利益は同197億円減益の531億円となりました。なお、在庫影響を除いた経常利益は、石油開発事業の増益を主要因に過去最高益を更新しました。

石油事業は、国内の需給改善による適正マージンを確保した一方で、製油所の定修や一部不具合による装置停止などが影響し、減益。石油化学事業においては、市況の下落及び、工場の定修の影響による販売量減少などが響き、減益となりました。その一方で、石油開発事業は、既存油田のポンプ故障などの影響があったものの、2018年1月からフル生産しているヘイル油田が貢献し、増益となりました。

本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved