共通ナビゲーションを飛ばす

当社の石油製品供給体制について

2011年3月17日 22時25分
コスモ石油株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報室

当社は現在、被災された地域の一刻も早い復旧に向け、被災地へ優先的に石油製品の供給を行うとともに、停止した製油所・出荷基地を早期に再開すべく最大限努力しております。

当社サービスステーションの一部で石油製品の供給に支障が生じており、お客様へはご不便・ご迷惑をお掛けしておりますが、何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

今回の地震により当社千葉製油所は現在停止しており、石油製品の供給不足が生じています。
その不足分を補うために次の事を決定致しました事をお知らせ致します。

  1. 製油所の原油処理能力増強
    原油処理能力を四日市製油所で日量5万バーレル、坂出製油所で日量3万バーレル、
    計8万バーレル増強致しました。
  2. 製品輸出の取りやめ
    3月に予定していた軽油の輸出を12万3千KL取りやめ、国内の供給に振り替えました。
  3. 製品輸入の追加手当て
    ジェット燃料8万KL、ガソリン原料5万3千KLの追加輸入を決定致しました。

これらにより原油処理能力は地震前の約8割まで回復致します。
加えて輸出の取りやめ及び追加輸入により25万6千KLの国内向け供給量を確保致しました。

原油処理能力
日量/バーレル
製油所 変更前 ※変更後 増減量
千葉製油所 220,000 (220,000) ±0
四日市製油所 125,000 175,000 +50,000
堺製油所 100,000 100,000 ±0
坂出製油所 110,000 140,000 +30,000
合計 555,000 415,000 +80,000
※千葉製油所は停止しているため実質ゼロ
本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved