共通ナビゲーションを飛ばす

サステナビリティトップページ

健康に関する取組

健康経営宣言

コスモエネルギーグループは、「地球と人間と社会の調和と共生を図り、無限に広がる未来に向けて持続的発展を目指す」という企業理念のもとに、エネルギーの安定供給を通じてお客様の豊かな生活を支えています。
私たちが品質の高い製品・サービスを安全かつ安定的に供給するためには、従業員が心身ともに健康で、能力を最大限に発揮する環境が不可欠です。当社グループは「企業行動指針」で重点項目としている「健康管理」と「安全と健康」に基づき、従業員やその家族の健康づくりを推進することが企業価値創造に繋がると考え、健康経営の推進を宣言します。

コスモエネルギーホールディングス株式会社
代表取締役社長 社長執行役員
桐山 浩

コスモエネルギーグループ企業行動指針 第一章 1-1「安全で快適な職場環境づくり」

社員の健康管理を充実し、心と体の健康維持・向上に取り組みます。

アルコール・薬物・病気等の影響により、安全を確保できない状態にある場合、業務を行いません。

健康経営の目的

  • (1)いい会社、続く会社へ
    従業員が健康を保ち、生き生きと働ける環境を整え、従業員やその家族が誇りを持てるいい会社になること、持続的に発展する会社であることをめざします。
  • (2)心身の健康を通じた社会貢献
    従業員や家族が健康な生活を送ることで安全・安定操業を実現し、ひいては社会全体・環境へ貢献するべく、様々な取組みを進めてまいります。
  • (3)働き方改革や健康増進による生産性の向上
    生産性向上やワークライフバランス推進のため、総労働時間削減や有給休暇取得率100%の目標に向け、テレワーク制度や朝方勤務への転換等様々な施策を実施しています。従業員が心身ともに健康で、本来持っている能力を最大限発揮できる環境を整備し、生産性向上を図ります。

健康推進体制

主な取り組み

サステナビリティ中計にて労働安全衛生を重点課題としており、「健康増進」や「長時間労働削減」のため、健康診断受診率100%、ホワイト500(健康経営優良法人)認定取得のほか、労働時間や年次有給休暇についても数値目標を設定しています。

  • ・従業員の健康管理各種ワークライフバランス施策の実施
    健康診断受診率100%・特定保健指導の実施
  • ・本人の健康増進および受動喫煙被害を防ぐため、就業時間中禁煙の実施(禁煙支援プログラム導入)
  • ・労働時間適正管理検討会 人事部と労働組合で月1回開催
  • ・ストレスチェックの実施
  • ・メンタルヘルス対策として24時間対応の相談窓口の設置、復職プログラム
  • ・ハイリスク者に対する健康セミナーの実施(食事講義、トレーニング体験)(2019年度)
  • ・海外拠点労務巡回で、健康管理についての講義・意見交換を実施(2018年度)
  • ・国内各事業所労務巡回で、健康に関する意見交換を実施(2018年度、2019年度)
  • ・ワークライフバランスの取り組みの詳細はこちらをご確認ください。
    https://ceh.cosmo-oil.co.jp/csr/social/employee4.html

健康経営優良法人2021の認定

コスモエネルギーホールディングス(株)ならびにグループ企業のコスモエネルギー開発(株)、コスモ石油(株)、コスモ石油マーケティング(株)、コスモ石油ルブリカンツ(株)、コスモビジネスアソシエイツ(株)は、経済産業省が健康経営に取り組む優良な法人を顕彰する「健康経営優良法人2021(大規模法人部門)」の認定を受けました。

日本政策投資銀行「健康経営格付融資」における最高ランクの格付取得

株式会社日本政策投資銀行(以下DBJ)の「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」において、「従業員の健康配慮への取り組みが特に優れている」という最高ランクの格付を取得しました。
(プレスリリース) https://ceh.cosmo-oil.co.jp/press/p_190515/index.html

本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved