共通ナビゲーションを飛ばす

CSRトップページ

ダイバーシティへの取り組み

多様な人材の活躍

コスモエネルギーグループでは、多様性の実現に積極的に取り組んでいます。様々なバックグラウンドを持つ社員が意欲的に働き、多様な価値観、能力、経験を結集させることで、高い生産性の実現と新たな価値創出をめざしています。多様性の実現に向け、まずは女性活躍を最優先の課題として取り組んでおり、2022年度に女性管理職比率6%、採用女性比率30%(基幹職)の達成を目標としています。

女性管理職比率 保証マーク

採用女性比率 保証マーク

ネットワーキングランチの様子

介護ガイドブック

育児ハンドブック

2017年度より、女性社員のキャリア意識向上を推進するためにネットワーキングランチを実施しています。様々なタイプの管理職(ロールモデル)を交えた対話の場を設け、キャリア、ワークライフバランス等の不安や悩みを解決しキャリア形成のヒントを得ること、また部門を超えた社内ネットワークを拡げることを目的としています。
また、2015年度より育児休職者がキャリア意識を失わずに復職できるよう「育児と仕事の両立セミナー」の実施や、育児休職中のeラーニング、育児休職前後の面談等を行っています。育児支援として3歳の年度末までの育児休職制度に加え、在宅勤務や短時間勤務、勤務地限定など両立を支援する制度も設けており、各種制度を掲載した「育児ハンドブック」も発行、現在100%である育児休職復職率の達成継続をめざします。
介護と仕事の両立支援にも取り組んでおり、「介護をしながら仕事を続けること」を考える機会として2017年11月に「仕事と介護の両立支援セミナー」を開催しました。他にも、各種支援制度を掲載した「介護ハンドブック」を作成し社内へ公開しています。

女性活躍推進

  2015年度 2016年度 2017年度
女性社員数 294 296 305
女性社員比率 11.1% 11.8% 12.3%
女性の管理職数保証マーク 8 11 13
女性管理職比率保証マーク 1.2% 1.8% 2.2%
男性管理職数 ※ 647 608 568

※当社の等級制度上、管理職とされるもの。役員は含まない

採用数
  2013年度 2014年度   2015年度 2016年度 2017年度
総合職 25名 30名 基幹職 27名 41名 68名
専任職 41名 44名 技能職 16名 29名 41名
合計 66名 74名 合計 43名 70名 109名

(内女性)

総合職 3名 5名 基幹職 8名 10名 16名
専任職 0名 1名 技能職 2名 0名 0名
合計 3名 6名 合計 10名 10名 16名
<参考>新卒者の3年以内の離職者数
  2014年度入社   2015年度入社 2016年度入社 2017年度入社
総合職 1名 基幹職 0名 1名 0名
専任職 0名 技能職 0名 1名 0名
合計 1名 合計 0名 2名 0名

※上記はいずれもコスモ石油在籍者(外部出向含む。出向受は含みません)を集計対象としています。

※2015年度よりコース制度を廃止し職種の区分が変更となっております。

多様性の尊重

多様性の尊重という観点から、障がい者雇用率の維持向上にも取り組んでおり、2018年6月1日時点の障がい者雇用率は2.36%と法定雇用率を上回っています。配属部署での受入前セミナーや、定着に向けた定期的な面談など、障がいのある方が活躍できるような取り組みを実施しています。

障がい者雇用(厚生労働省届出値)保証マーク

  2014年6月 2015年6月 2016年6月 2017年6月
障がい者雇用人数 39名 37名 35名 41名
(内、重度障がい者人数) 20名 18名 18名 21名
障がい者雇用率* 2.07% 1.99% 1.98% 2.33%
法定不足人数 0名 0.3名 0.4名 0名

*法定雇用率2.00%(小数点第2位以下は四捨五入)

※コスモ石油在籍者、いずれも6月1日時点

シニア社員制度

コスモエネルギーグループでは2006年4月からシニア社員制度を導入し、2013年4月1日からは高年齢者雇用安定法の改正に対応し、定年退職後に継続して勤務する意向のある社員を原則として全員雇用しています。
2018年3月末現在301名のシニア社員が各職場で活躍しています。
また、定年退職前の希望者を対象に「定年退職前研修」を実施しています。

定年定職者数と再雇用者数
  2017年度
  定年退職者数 再雇用者数
男性 32名 33名
女性 4名 3名
合計 36名 36名

※コスモ石油在籍者(出向者含む)

2017年度 定年退職前説明会
実施会場数 2会場
実施回数 2回
対象者数 42名
出席者数 42名
出席率 100%

※湘南セミナーハウス、千葉製油所、四日市製油所、堺製油所、松山工場の中で開催しました。

※コスモ石油単体(出向者含む)

人権の尊重

一人ひとりの人権を尊重するとともに、ハラスメントを禁止し、明るく働きやすい職場づくりを行っています。特に人権・ハラスメントについては、「企業倫理相談窓口」で、社員だけでなく派遣社員、アルバイトなどの方々からの相談を受け職場改善に取組んできました。2018年度からは、新たにセクハラ・パワハラ等、職場の人間関係に関する相談窓口として「ハラスメント相談窓口」を社外に設置しています。

人権研修

2017年度

  2017年度
研修名 テーマ 受講者数 研修時間
新入社員研修 人権基礎知識全般 14名 60分
新任ライン長研修 ハラスメント研修 26名 30分
事業所研修 企業倫理人権研修(ハラスメント) 4,223名 30分

2016年度

  2016年度
研修名 テーマ 受講者数 研修時間
新入社員 人権基礎知識全般 28名 60分
新任ライン長研修 人権基礎知識全般 25名 60分
事業所研修 人権基礎知識全般 4,195名 30分

2015年度

  2015年度
研修名 テーマ 受講者数 研修時間
新入社員 人権基礎知識全般 24名 90分
新任ライン長研修 人権基礎知識全般 47名 30分
事業所研修 人権基礎知識全般 4,500名 30分

2014年度

  2014年度
研修名 テーマ 受講者数 研修時間
新入社員 人権基礎知識全般 74名 1.5時間
事業所研修 人権基礎知識全般 3,609名 30分

2013年度

  2013年度
研修名 テーマ 受講者数 研修時間
新入社員 人権基礎知識全般 66名 1~1.5時間
事業所研修 人権基礎知識全般 3,250名 30分
トップ層研修 人権・人事施策の意識向上 63名 2時間

人権に関する外部機関への参画

コスモエネルギーグループは、東京人権啓発企業連絡会に参画し、様々な人権問題の解決に向けて取り組んでいます。

東京人権啓発企業連絡会は、東京に本社を置く企業を主体に124社(従業員約100万人、2018年4月現在)で組織されている任意団体です。
会員各社と情報交換を行い、社内研修啓発への取り組みや人権意識を高め、働きがいのある職場づくりなど企業の立場からまた企業に求められる人権の尊重の定着をめざしていきます。

本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved