共通ナビゲーションを飛ばす

CSRトップページ

連結中期人権/人事計画

コスモエネルギーグループでは、「人材」を価値創造の源泉と考えます。様々なバックグラウンドを持つ社員たちが多様性を活かして活躍できる職場づくり、より価値を創造しやすい仕組み作りに努めていきます。新連結中期CSR計画では、具体的施策について目標とKPIを設定しました。

連結中期人権/人事計画(2013年度~2017年度)

コスモエネルギーグループでは、「連結中期人権/人事計画(2013年度~2017年度)」として、「業務の効率化と労働時間の適正管理」「ワーク・ライフ・バランス」「多様性の尊重」「心身の健康維持・向上」「パワハラ・セクハラの撲滅」の5項目をテーマに掲げています。各項目は、「企業倫理・人権委員会」にて立案・実績報告・評価を実施し、コスモエネルギーグループ社員がより働きやすい職場になるように取り組んでいます。
新連結中期CSR計画(2018年度~2022年度)では、「労働安全衛生」「ダイバーシティ」「人材育成」を重点課題として、目標・KPIを設定して取り組んでいます。

主な活動施策の活動報告、実績評価
テーマ 活動施策・目標 2017年度実績 評価
業務の効率化と労働時間の適正管理 年間総労働時間1,900時間の達成と、生産性向上のためのしくみ作り 1,883時間 A
ワーク・ライフ・バランスへの取組 1) プラチナくるみん取得 プラチナくるみんの制度変更により2018年度認定を目標とする。 B
2) 関係諸制度の見直し 事由を問わない在宅制度の導入
保育園検索サポートの導入
特別休暇・積立有給休暇取得の制限緩和
育児・介護のハンドブック、両立支援制度一覧の公開、第1回介護セミナー
A
多様性を尊重した職場づくり 1) 障がい者効用率の法定値クリア 定期採用及び障がい者が働きやすい職場づくりにより、雇用率2.36% A
2) 女性管理職数向上の施策検討 女性活躍推進法に基づく実行計画を実行中
女性中途採用の促進
女性管理職比率(2018年3月現在)2.2%
B
3) 多様性を尊重した職場づくり 管理職研修・企業倫理人権研修実施による理解促進
多様な働き方(育児)を社内報で連載
B
4) 社内コミュニケーションの醸成 職場復帰セミナーの実施
女性社員と管理職社員の交流会
A

※評価 A:目標達成 B: 一部達成 C:未達成

2018年度~2022年度取り組み方針
重点項目 重点課題 目標/KPIおよび施策等
人権・社会貢献施策の充実 労働安全衛生
  • 健康増進(健康受診率)
  • 長時間労働削減
  • 健康診断受診率100%
  • 総労働時間を所定労働時間以下
    (日勤1,811時間、交替1,826時間)※2
  • 有休取得率100% ※2
  • ホワイト500(健康管理経営優良法人)認定取得 ※3
  • グループ各社 個別に目標設定あり
ダイバーシティ
  • 多様な人材の活躍(女性比率、障がい者雇用)
  • 採用女性比率(基幹職)30% ※1
  • 女性管理職比率6% ※1
  • グループ各社障がい者法定雇用率遵守 ※1
  • グループ各社 個別に目標設定あり
人材育成
  • 社員の能力最大化(研修費用)
  • 研修費 1人当たり50,000円 ※1
  • 自己啓発通信教育 受講率20% ※1
  • グループ各社 個別に目標設定あり

※1 コスモ石油籍の社員を対象としています。

※2 コスモエネルギーホールディングス、コスモエネルギー開発、コスモ石油、コスモ石油マーケティング(コスモエンジニアリング、コスモトレードアンドサービスからの出向受社員を含む)を対象としています。

※3 コスモエネルギーホールディングスを対象としています。

本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved