共通ナビゲーションを飛ばす

CSRトップページ

CSR活動方針の取り組み実績

CSR活動方針の取り組み実績

コスモエネルギーグループでは、新連結中期CSR計画の重点項目として「ガバナンス体制の強化」を掲げています。本来のコーポレート・ガバナンスとは異なる観点で企業価値向上に重要な基盤として、ガバナンス項目に意図的に「リスク管理」「コンプライアンス」「CSR調達」「情報開示」を重点課題として組み入れており、これらの目標とKPIを設定してコンプライアンス体制の強化を推進していきます。

主な活動施策の活動報告、実績評価(2017年度)
テーマ 主な活動施策・目標 2017年度実績 評価
グループ全体の法令遵守体制の強化 企業倫理相談窓口の適切な運用
  • 相談件数14件、経営に重大な影響を与える相談案件なし
  • 公益通報ガイドライン改定に即した規程・細則等の見直し
A
各種規程、制度の整備
  • 安全保障輸出管理規程の整備
  • 英国奴隷法対応(英国コスモ9月実施)
A
法令違反の撲滅
  • 丸善石油化学 品質検査における不適切行為の対応
C
企業行動指針の浸透 企業倫理研修の充実
  • 研修 (受講4,152名/89.0%)
  • eラーニング(受講6,060名/97.8%)
A
CSR現状調査の実施と改善
  • 2016年度調査結果のフィードバック
  • 2017年度調査の実施、委託先変更による分析強化(回答6,913名/94.6%)
A
グループ内外のコミュニケーション活動 レピュテーション向上のためのESG情報の公開
  • 統合レポート2018の発行
  • FTSE4Good Index継続採用
  • FTSE Blossom Japan Index新規採用
  • SNAMサステナビリティ・インデックス新規採用
  • CDP(旧:Carbon Disclosure Project)評価維持(気候変動:B評価、水:C評価)
  • 東洋経済CSRランキング、環境経営度調査の評価向上
A

※評価 A:目標達成 B: 一部達成 C:未達成

2018年度~2022年度取り組み方針
重点項目 重点課題 目標/KPIおよび施策等
ガバナンス体制強化 リスク管理 ●グループ各社での優先取組みリスク選定と対処の強化
  • グループ全体に係わる「全社リスク」の選定と対応
コンプライアンス ●グループ各社での不正防止の取り組み強化
重大なコンプライアンス違反件数 目標ゼロ
  • 企業倫理・人権研修の充実
  • 企業倫理ヘルプラインの強化(窓口増設)
  • CSR現状調査でのグループ全体のモニタリング強化
CSR(ESG)調達 ●CSR(ESG)調達方針の展開
  • 2018年 調達方針策定、調査票・評価表の作成
  • 2019年以降、サプライヤー評価を実施
情報開示 ●ESG評価(投資家・株主・消費者)対応
  • ESG投資の構成銘柄(FTSE、MSCI等)の組入れ、CSRランキング向上に資する情報を開示
本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved