共通ナビゲーションを飛ばす

サステナビリティトップページ

2019年度 コスモ石油四日市製油所

  • 所在地
    三重県四日市市大協町1-1
  • 操業開始年月
    1943年7月
  • 面積
     
    1,172,544m2
    (うち霞発電所 154,201m2
  • 社員数
    391名(2020年4月現在)
  • 原油処理能力
    86,000バレル/日
    (2018年6月現在)
    事業所概要
  • ISO9001認証取得
    1997年3月14日認証取得
    更新
    2020年4月12日認証更新
  • ISO14001認証取得
    1998年3月20日認証取得
    更新
    2019年3月20日認証更新
労働無災害記録(延べ時間)(2019年12月現在)

4,528千時間

写真:四日市製油所
四日市製油所周辺地図

安全衛生・環境関連資格保有者数

公害防止管理者(大気) 1種 12名
公害防止管理者(大気) 3種 3名
公害防止管理者(大気) 4種 1名
公害防止管理者(水質) 1種 9名
公害防止管理者(騒音) 2名
公害防止管理者(振動) 2名
公害防止管理者(ダイオキシン) 1名
危険物取扱者(甲) 40名
危険物取扱者(乙) 4類 295名
危険物取扱者(乙) その他 171名
高圧ガス製造保安責任者(甲)化学 5名
高圧ガス製造保安責任者(甲)機械 31名
高圧ガス製造保安責任者(乙)化学 36名
高圧ガス製造保安責任者(乙)機械 167名
エネルギー管理士(熱) 10名
エネルギー管理士(電気) 4名
特別管理産業廃棄物管理責任者 5名
産業廃棄物施設技術管理者 5名
ボイラー(特級) 9名
ボイラー(1級) 118名
ボイラー(2級) 213名
第1種衛生管理者 4名

※複数の種類を保有している社員は重複して数えています。

法規制物質

大気

※四日市霞発電所分も含む
物質 規制値 2017年度実績 2018年度実績 2019年度実績 保証マーク
最大 平均 最大 平均 最大 平均
NOx (m3N/時)(総量規制) 71.7
(注1)
43.0 23.8 38.0 32.4 44 28.5
SOx (m3N/時)(総量規制) 99.58
(注1)
37.0 13.9 83.0 15.4 28 12.6
ばいじん(ボイラー)(g/m3N) 0.05 定量下限未満 0.002 0.0019 0.0019 0.0019

水質

※総量規制については四日市霞発電所分も含む
物質 規制値 2017年度実績 2018年度実績 2019年度実績 保証マーク
最大 平均 最大 平均 最大 平均
COD (kg/日)(総量規制) 504.6 268.1 80.7 307.8 92 191.9 72.3
COD (mg/l) 24 8.6 4.1 7.0 4.2 6.0 3.2
SS (mg/l) 20 15 6 41 9 14 5.9
油分 (mg/l) 3 0.8 定量下限未満 0.9 定量下限未満 0.9 定量下限未満
窒素 (kg/日)(総量規制) 449.9 166.8 38.7 63.8 28.7 87.3 25.1
窒素 (mg/l) 10 2.9 定量下限未満 2 定量下限未満 2.2 定量下限未満
リン (kg/日)(総量規制) 18.98 4.9 1.2 4 1.1 2.59 1.24
リン (mg/l) 1 0.11 0.05 0.11 0.06 0.24 0.10
フェノール (mg/l)(注2) 1 - 定量下限未満 0.05
ベンゼン (mg/l) 0.1 定量下限未満 0.03 定量下限未満 0.04 定量下限未満
pH 6.5~8.6 7.5~9.3 7.2~8.3 7.1~8.2
水質 (霞発電所)
物質 規制値 2017年度実績 2018年度実績 2019年度実績
最大 平均 最大 平均 最大 平均
COD (mg/l) 20 9.8 5.7 11 5.8 9.0 6.6
SS (mg/l) 40 14 7 11 6.1 12.0 5.8
油分 (mg/l) 2 定量下限未満 定量下限未満 定量下限未満
窒素 (mg/l) 15 定量下限未満 定量下限未満 4.2 定量下限未満
リン (mg/l) 2 0.74 0.34 0.72 0.37 0.82 0.48
フェノール (mg/l) 1 - 定量下限未満 0.05
ベンゼン (mg/l) 0.05 定量下限未満 定量下限未満 定量下限未満
pH 6.5~8.6 7.3~8.4 7.4~8.4 7.1~8.2

(注1)2017年8月1日から、霞発電所再稼動、5T/P休止等により協定値変更。

(注2)フェノールについては、測定頻度は3年に1回であった為2016年度、2017年度は未測定、2018年度より毎年測定。

PCB廃棄物保管状況 保証マーク

トランス類
7台
コンデンサ類
1台
その他
安定器他

環境パフォーマンス(PRTR)

データは四日市霞発電所分も含む
PRTR対象物質 排出量(kg) 移動量
大気 水域 土壌 合計
亜鉛の水溶性化合物(Kg/年) 0 1,200 0 1,200 0
エチルベンゼン(Kg/年) 780 0 0 780 0
キシレン(Kg/年) 2,500 0 0 2,500 0
スチレン(Kg/年) 2,300 0 0 2,300 0
1,2,4-トリメチルベンゼン(Kg/年) 670 0 0 670 0
1,3,5-トリメチルベンゼン(Kg/年) 140 0 0 140 0
トルエン(Kg/年) 9,800 0 0 9,800 0
ニッケル化合物(Kg/年) 0 0 0 0 89,003
バナジウム化合物(Kg/年) 0 0 0 0 400,000
ヘキサデシルトリメチルアンモニウム=クロリド(Kg/年) 0 1,300 0 1,300 0
ノルマル-ヘキサン(Kg/年) 13,000 0 0 13,000 0
ベンゼン(Kg/年) 2,100 0 0 2,100 0

(注) 上記のほか、2-アミノエタノール、コバルト及びその化合物、2,6-ジーターシャリーブチル-4-クレゾール、テトラクロロエチレン、ナフタレン、ヒドラジン、 塩化第二鉄、メチルナフタレンは1,000kg/年以上の取り扱いがありますが、排出量および移動量は すべて0kg/年となっています。

環境パフォーマンス

データは四日市製油所分のみ

グラフ

硫黄酸化物(SOx)・窒素酸化物(NOx)排出量の推移

グラフ

COD負荷量の推移

グラフ

廃棄物の推移

霞発電所 環境パフォーマンス

大気

物質 2017
排出量
2018
排出量
2019
排出量
NOx (t/年) 62.8 40.1 46.8
SOx (t/年) 37.0 103.5 117.0

水質

物質 2017
排出量
2018
排出量
2019
排出量
COD (t/年) 0.42 0.3 0.4
窒素 (kg/年) 298.02 282.8  
リン (kg/年) 8.41 2.83  

霞発電所 環境パフォーマンスの廃棄物

2017年度 2018年度 2019年度
発生量 (t/年) 7,480 12,649 10,224
再資源化量 (t/年) 6,404 11,495 8,331
最終処分量 (t/年) 1,009 82 0

社会パフォーマンス

環境保全・安全衛生・保安 教育実績

環境保全・保安(ISO教育)
件名 対象 人数 回数(頻度)
ISO 認識教育 全員 468 34
ISO教育 安全内部監査員研修 対象従業員 19 3
ISO教育 品質・環境・安全内部監査員養成講座 対象従業員 0 0
保安
件名 対象 人数 回数(頻度)
防災訓練 対象従業員 418 4
ゼロ災研修 転入者・希望者 21 1
危害予防規程再周知教育 全員 616 6
事故教育 全員 616 6
安全教育-機会研修 対象従業員 6,422 174
安全教育-特別研修 対象従業員 3,796 113
安全衛生
件名 対象 人数 回数(頻度)
課および職場安全衛生委員会 全員 5,710 340

社外表彰

名称 件数 表彰理由/概要など 備考
優良勤労者表彰 1 10年以上の勤続と功績をたたえる 四日市商工会議所
優良勤労者表彰 1 20年以上の勤続と功績をたたえる 四日市商工会議所
優良勤労者表彰 1 30年以上の勤続と功績をたたえる 四日市商工会議所
優良勤労者表彰 1 40年以上の勤続と功績をたたえる 四日市商工会議所
優良勤労者協会長表彰 5 本事業所に20年以上の勤続・功績をたたえる 四日市労働基準協会
高圧ガス安全協会長表彰 2 高圧ガス取扱業務に従事した功績をたたえる 三重県高圧ガス安全協会
優良ボイラ技士表彰 2 ボイラ技士として従事した功績をたたえる ボイラ協会

地域とのコミュニケーション

地域活動

  • 港地区定期整備明会
  • 橋北地区公災害防止連絡会
  • 霞ヶ浦地域公災害防止協議会
  • 港地区ふれあい広場
  • ボランティア清掃(1回/月)、クリーンキャンペーンin三滝川(1回/年)
  • 漁協関係意見交換会
  • コンビナート各社情報交換会(泗庶会、霞総務分科会、三社会)
  • 港地区グループ別防災訓練

苦情件数

3件

  • 国道477号線タンクローリ横転事故(ENOSE)に関する要望
  • 一般道に大型トラック2台が停車
  • 線路沿いに鉄粉が飛散

2019年度見学者数

18件 260名

本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved