共通ナビゲーションを飛ばす

CSRトップページ

ダイバーシティへの取り組み ‐社長メッセージ‐

コスモエネルギーホールディングス株式会社 代表取締役社長 社長執行役員 桐山 浩

コスモエネルギーホールディングス株式会社
代表取締役社長 社長執行役員
桐山 浩

コスモエネルギーグループでは、ダイバーシティ(多様性)の実現に積極的に取り組みます。

社会は多様化が進み、「VUCA」(Volatility=激動, Uncertainty=不確実性, Complexity=複雑性, Ambiguity=不透明性)の時代とも言われています。そのような環境において、企業が持続的に成長を続けて存続するためには、様々な選択肢の中から合理的な意思決定をおこない、高い生産性を実現していくことが求められています。

コスモエネルギーグループのダイバーシティとは、単に人種、国籍、宗教・信条、障がい、性別、年齢、出身地等の属性に多様性があるというだけではなく、様々な価値観を持つ個々の社員が、お互いに尊重し、お互いを受容することで、それぞれの強みを活かし、会社および社会に貢献することです。

また、企業行動指針の中でも、差別を容認せず、一人ひとりの個性を尊重し、その能力を発揮できる職場づくりに取り組むことを定めています。特定の属性(年齢層・性別・文化)に属する人たちだけでは、価値観も固定化されやすく、他属性の者が排除され、イノベーションや生産性向上、合理的な意思決定が阻害される要因ともなります。

コスモエネルギーグループでは、このような固定化された価値観から脱却するため、まずは女性の活躍推進を最優先の課題として、数値目標を定めて取り組んでまいります。同時に、育児・介護・その他の理由により労働時間に制約がある人も、能力を発揮できる職場とするため、長時間労働を是とした働き方を改めていきます。

企業が成長するために重要なダイバーシティの考え方を社員一人ひとりが理解し、様々な価値観を真に受け入れることで、コスモエネルギーグループが企業価値を高めていくことを目指し、社員が活躍できる職場づくりを推進してまいります。

以上

本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved