共通ナビゲーションを飛ばす

トップからのメッセージ

写真:代表取締役社長 社長執行役員 桐山 浩 コスモエネルギーホールディングス株式会社
代表取締役社長 社長執行役員
桐山 浩

コスモエネルギーグループは、「地球と人間と社会の調和と共生を図り、無限に広がる未来に向けて持続的発展を目指す」という経営理念とともに、「ココロも満タンに」というメッセージスローガンを大切に、長期の企業価値向上に取り組んでまいります。

この「ココロも満タンに」とは、お客さま一人ひとりにご満足いただける商品やサービスを提供できるように日々努力をしていくという意思を広くステークホルダーに表明する言葉で、現場社員のお客様を思う気持ち、やさしさ、経営理念でも謳われている社会との共生を喜びとする気持ちが表れています。

エネルギーの安定供給を通じてお客様の生活を豊かにすることが当社グループの提供する価値であり、グループ社員全員が「ココロも満タンに」の想いを共有し、各現場で自然な形で実行していることが全ての事業における強みにつながっていると考えています。

国内の石油需要が減少していく中、当社グループは強みであるスピード感を武器に、環境変化に強い事業ポートフォリオバランスを早期に構築します。経営環境の変化スピードが早い時代においては、どれだけスピードのある経営判断ができるか、いかに経営資源を効率的に使えるか、の2つが重要だと私は考えています。

上流の石油開発事業と下流の石油精製販売事業のバランスを取りながら、石油化学事業や風力発電事業など、原油価格や為替の影響を受けにくい事業の収益力を強化することによって、グループ全体の収益安定化を目指してまいります。

人々の生活に欠かせないエネルギーの安定供給を担う当社グループですが、主に化石燃料を扱っているため、地球環境に負荷を与える宿命も背負っています。当社グループでは、その点を十分に認識し、経営計画とCSR活動方針が一体となったCSR経営を推進しています。

CSR活動の一つであるダイバーシティ推進におきましては、多様なバックグラウンドの社員による様々な考え方を取り入れて活かすことが生産性向上に寄与すると考えており、特に女性の活躍推進に力を入れて取り組んでいます。

利益を上げることとCSR活動は一体であり、それらを両立させることで、企業の社会的責任を果たしてまいります。

当社グループの使命は、品質の高い製品・サービスを安全かつ安定的に供給することでお客様に満足していただき、全てのステークホルダーに対して、「ココロも満タンに」していくことです。社会から必要とされ、望まれることが、当社グループの持続的な企業価値の創造につながると考えています。みなさまには、私たちコスモエネルギーグループの経営理念をご理解いただき、今後も末永くご支援いただきますよう、お願い申し上げます。

本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved