共通ナビゲーションを飛ばす

沖縄石油基地株式会社

沖縄石油基地株式会社は、日本のエネルギー安全保障の一翼を担う企業として、保安の確保と地元貢献に努め、地域と共に歩む企業を目指します。

当社は、沖縄本島の中部、風光明媚な金武湾に面するうるま市に位置し、石油備蓄・中継基地として、JXTGエネルギー(旧新日本石油)とコスモ石油(旧丸善石油)との共同出資により1973年(昭和48年)に設立されました。

約63万坪の敷地に45基(貯油能力450万キロリットル)の巨大タンクを配備し、日本の原油消費量の約6日分に相当する原油を貯蔵しています。

操業以来、無事故・無災害を継続中で各方面より保安に関する表彰を受けています。
また、環境面においても国際標準規格ISO14001の認証を取得し、廃棄物の削減、省エネルギー、省資源活動を積極的に進めています。

写真

沖縄石油基地全景

会社概要

本社所在地 沖縄県うるま市与那城平宮1番地
電話 098-977-7123
設立 1973年4月27日
株主 JXTGエネルギー株式会社 65%、コスモ石油株式会社 35%
資本金 4億9,500万円(2018年3月末現在)
代表 代表取締役社長 加戸 一
事業内容 石油類の貯蔵及び受払作業
決算期 3月
従業員数 56名(2018年3月31日現在)
事業所
沖縄事業所
公式サイト http://octs.co.jp/

グループ企業一覧へ戻る

本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved