共通ナビゲーションを飛ばす

再生可能エネルギー事業

電力の安定供給と地球温暖化防止は、これからの社会の大きな課題です。コスモエネルギーグループは、風力をはじめとする再生可能エネルギーの利用を促進し、社会の課題の解決に貢献することで、中長期の成長を図っていきます。

コスモエネルギーグループでは、世界規模で進む持続可能なエネルギー社会の構築とゼロエミッション社会の実現、また日本国内における震災以降のエネルギー政策の見直しを受け、総合エネルギー企業としての責任を果たすべく、エネルギー調達の多角化(ベストミックス)を進めています。

中でも再生可能エネルギーは、震災後、従来のクリーンエネルギーとしての役割以上に将来の主力電源として期待が高まってきています。コスモエネルギーホールディングスは、2010年より風力発電事業で実績のあるエコ・パワー株式会社をグループの一員に迎え、風力発電事業に本格参入しました。

エコ・パワー社の特長

発電用風車イメージ

コスモエネルギーグループにおける再生可能エネルギー事業の中核を担うエコ・パワー株式会社は、1997年に設立された風力発電業界におけるパイオニア的企業です。北海道や東北地方を中心とした風況の良い場所に、発電用風車を保有しています。

資源として枯渇しないことが最大の魅力である風力発電ですが、風況やメンテナンスなどのため稼働停止時間が多いなどの課題があり、稼働率の向上こそが事業安定化の最大のポイントであると考えています。そのため、エコ・パワー株式会社で稼働率アップに向けメンテナンスの効率化に取り組んだ結果、風車の稼働率が飛躍的に向上し、コスモエネルギーグループとなってからわずか1年で黒字化を達成することができました。

風力発電は、環境負荷の少ないクリーンな発電方式であり、社会の期待もますます高まっています。エコ・パワー社は再生可能エネルギーによる電力の全量買取制度が法制化されたことを受け、引き続きメンテナンスの向上に取り組むとともに、新規サイト建設による発電能力の拡大も視野に入れて事業を展開してまいります。

メガソーラーの事業化を検討

コスモエネルギーホールディングスでは、メガソーラー(大規模太陽光発電)事業を展開するCSDソーラー合同会社(発電容量2万4千キロワット)(*)を2013年3月に設立し、遊休地や未利用地を活用することで、日本におけるクリーンで安全なエネルギーの持続的な供給に取り組んでいます。
なお、2014年6月より各地の発電所で商業運転を開始しています。

(*) コスモエネルギーホールディングス、昭和シェル石油、日本政策投資銀行(DBJ)の3社が出資するメガソーラー事業を実施するための合同会社


本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved