共通ナビゲーションを飛ばす
プレスリリース

ラファン第2製油所の生産開始について

2016年12月26日
コスモエネルギーホールディングス株式会社

コスモエネルギーホールディングス株式会社(代表取締役社長:森川 桂造)と出光興産株式会社(代表取締役社長:月岡 隆)、丸紅株式会社(代表取締役社長:國分 文也)、三井物産株式会社(代表取締役社長:安永 竜夫)の4社は、カタール国営石油会社、フランスのトタール社とともにラファン・リファイナリー2株式会社へ出資をしておりますが、この度、2014年4月に着工したラファン第2製油所(以下、当製油所)が完成し、生産を開始しましたので、以下の通りご報告いたします。

当製油所は、2009年より操業を開始したラファン第1製油所(以下、第1製油所 処理量:日量14万6千バレル)に隣接し、日量14万6千バレルの処理量を予定しています。両製油所では、カタール国の戦略に沿い、ノース・フィールド天然ガス田(※)から産出されるコンデンセートを、付加価値を高めるために精製し、石油製品として国内外に出荷してまいります。
※カタール国が所有する天然ガス田で、単一構造のものとしては世界最大級の埋蔵量

当製油所では、軽油深度脱硫装置を新設し、生産された低硫黄軽油はカタール国内向けにも販売され、同国で使用される軽油の環境負荷軽減に寄与するとともに、今後、両製油所では、脱硫装置や出荷設備等を共有することで、操業の効率化を図ってまいります。

当社は、1970年代よりカタール国と原油取引があり、カタール石油開発株式会社(当社グループ出資比率75%)と合同石油開発株式会社(当社グループ出資比率45%)を通じて原油開発・生産事業を行ってまいりました。今後は両製油所での精製事業を通じて、カタール国との関係をより強固なものとし、当該国における事業をさらに発展させてまいります。

【ラファン・リファイナリー2株式会社】

1.設立年月 2014年10月
2.所在地 カタール国ドーハ
3.代表者 Sheikh Khalid Bin Khalifa Al-Thani, CEO
4.ラファン第2製油所建設費用 約15億米ドル
5.出資比率

84%

カタール・ペトロリアム社

10%

トタール社

2%

出光興産

2%

コスモエネルギーホールディングス

1%

丸紅

1%

三井物産
以上

【本件に関するお問い合わせ先】
コスモエネルギーホールディングス株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報室 潮田
電話 03-3798-3101  FAX 03-3798-3841

本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved