共通ナビゲーションを飛ばす
プレスリリース

水素化石油樹脂の共同事業化検討について

2016年5月26日
コスモエネルギーホールディングス株式会社

コスモエネルギーホールディングス株式会社(代表取締役社長:森川桂造)、丸善石油化学株式会社(代表取締役社長:藤井シュン)及び荒川化学工業株式会社(代表取締役社長:谷奥勝三)の3社は、水素化石油樹脂の共同事業化に関して、事業化可能性調査(以下、FS)を開始することとしましたので、お知らせいたします。

本件は、丸善石油化学の連結子会社化の目的である、コスモエネルギーグループにおけるシナジーの創出による競争力強化策の第1弾となります。今後、共同事業で製造・販売を行う水素化石油樹脂事業は、紙おむつ等の衛生材料の世界的な需要拡大とともに、成長が見込まれる分野です。

荒川化学は、水素化石油樹脂の製造技術を持ち、1970年より岡山県倉敷市の水島工場にて水素化石油樹脂の製造・販売を開始しており、現在、日本・欧州にて年間3万5千トンの生産能力を有しています。一方、コスモエネルギーグループは、水素化石油樹脂の原料及び生産に必要となるタンクや設備の提供を行い、この成長分野において、3社で水素化石油樹脂を製造・販売する合弁会社を設立し、シナジー効果を創出するべく検討を行ってまいります。

<FSの前提となる水素化石油樹脂の製造装置新設計画の概要>
1. 設備 粗C9油からの一貫生産による水素化石油樹脂製造設備
2. 建設予定地 コスモ石油千葉製油所及び丸善石油化学千葉工場の敷地内
3. 生産能力 約2万トン/年
4. 事業形態 3社による合弁会社設立
5. 新設計画 2017年着工、2019年完工、稼動

今後も、コスモエネルギーグループにおけるシナジーの創出を追及し、引き続きさまざまな検討を進めてまいります。

各社の会社概要はこちら(PDF形式/151KB)

【本件に関するお問い合わせ先】
コスモエネルギーホールディングス株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報室 潮田・高田
電話 03-3798-3101  FAX 03-3798-3841

本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved