共通ナビゲーションを飛ばす
プレスリリース

【森川社長メッセージ】
3.11東日本大震災から5年を迎えるにあたって
「安全で事故のない企業グループであり続けます」

2016年3月11日
コスモエネルギーホールディングス株式会社

本日、東日本大震災から5年を迎えるにあたって、代表取締役社長の森川桂造から当社グループの社員に向けてメッセージを発信しましたので、以下の通り、お知らせいたします。

<<森川社長メッセージ>>

コスモエネルギーグループ社員の皆さん、日々の業務お疲れ様です。

あの東日本大震災から、本日で5年が経過しました。

日本にとっても、当社にとっても大きな影響を与えたこの大震災では、当社グループにおいても3名の
尊い人命が失われ、千葉製油所での火災においては地域の皆様に多大なご迷惑をおかけしました。
千葉製油所の近隣住民の皆様には大変なご心配をおかけしたことを心に刻み、改めてこの震災でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りします。

その後、グループ社員皆さんの努力により、石油製品の供給を3製油所体制で再開できていることは、
苦難を乗り越えつつある結果であり、誇らしく思います。しかし一方で、今なお復興に苦しむ福島県をはじめとした東北地方の方々の苦悩や、多くの犠牲者のことを忘れるべきでないことは言うまでもありません。

震災後の事故をきっかけに、コスモエネルギーグループ企業行動指針を、2014年度に安全を第一章とした構成に変更し、コスモ石油を中心にあらゆる現場で、二度と同じような事故を繰り返さない、そしてグループから不幸にして亡くなる方、怪我をされる方を出さないという強い思いを込めました。

コスモエネルギーグループは、石油製品の安定した供給を主な使命としています。昨年、大きな組織変更を行いましたが、社会に対する責任の大きさは全く変わることはありません。日々、グループ各社は連携を強めながら、その使命を果たすようこれからも災害をはじめとした不測の事態に備えていかねばなりません。

3月11日は、コスモエネルギーグループとして、継続して社会に求められる企業グループであり続けるために、過去の教訓を忘れず、将来に向けての思いを新たにする日です。
広く社会に貢献すべき社会の一員として、まだなお復興の途上にある被災地の方々の気持ちに寄り添いながら、各自、各職場でこの日を決して風化させることなく、一歩一歩着実に前進していきましょう。

【本件に関するお問い合わせ先】
コスモエネルギーホールディングス株式会社 グループ経営企画ユニット
コーポレートコミュニケーション部 広報室 潮田・木村
電話 03-3798-3101 FAX 03-3798-3841

本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved