共通ナビゲーションを飛ばす

取り組み方針

コスモエネルギーグループは、経営の重要課題として1990年代から地球環境問題に取り組んで参りました。原油の自主開発から石油製品の製造や販売にいたるまで、上流から下流までをカバーした安定的な石油事業を事業の根幹とし、地球規模での環境負荷低減や環境保全に努めています。石油事業外でも、地球の持続的可能性を脅かす大きな環境問題に直面している地域や人々の支援活動を地道に継続して参りました。

当社グループが積極的に環境コミュニケーションを図ることにより、地球環境の保全に多くの方々が関心を持ち、ともに環境保全活動に参加いただけるよう、取り組んでおります。さらに、身近なことから地球規模まで真摯に環境問題に取り組み、一つひとつの取り組みが規範となり、社会の潮流となることを目指しています。

環境方針

石油エネルギーを主に扱うコスモエネルギーグループは、石油が人類に恩恵をもたらしてきた一方で石油の大量消費が地球環境に負荷を強いてきた事実を忘れずに、そして、地球レベルで豊かな未来が実現することを願って、地球と人と社会との調和と共生を重んじながら、新しい価値を提供できるエネルギー会社でありたいと考えます。

  • 地球環境問題を最重要課題のひとつと位置付け、積極的に環境保全に取り組む。
  • 資材購入、研究・開発・製造・物流・販売および廃棄等の事業活動のあらゆる過程で、省資源・省エネルギーや汚染物質排出削減に取り組み、環境負荷の最小化を図る。
  • 新規事業、製品の開発および供給、大型設備の導入、大規模工事の実施等の事業計画に対して、環境への影響に配慮し、必要に応じ予防措置に努める。
  • より環境負荷の低い製品の開発や新エネルギー事業など環境保全型の技術開発に積極的に取り組む。
  • 廃棄物削減・リサイクルに積極的に取り組み、循環型経済社会の構築に寄与する。
  • 国内外を問わず、環境技術の移転や自然保護活動への支援を積極的に行う。

コスモエネルギーグループの環境会計の取り組み

コスモエネルギーグループでは、環境会計を内部の意思決定の参考にするとともに、外部の方々への説明責任の履行の一助とすることを目指し、2000年度より環境会計の集計を行なっております。

石油産業での環境を考える上で、以下のような特徴があります。

  1. お客様の製品使用時(燃焼時)に発生する環境負荷物質量を抑制するために、多大なコストを要すること(上・下流コスト参照)。
  2. 硫黄含有率の高い中東系原油から石油製品を生産するため、環境保全の観点から過去から多大な投資を行なっていること(年度末取得価額参照)。

環境会計の作成には、環境省の「環境会計ガイドライン (2005年度版)」および「環境保全コスト分類の手引き2003年度版」を参考にし、「環境保全コスト」および「環境保全効果」を集計していますが、これらの特徴を数値として把握できるよう、環境保全コストの中に「上・下流コスト」項目を作成し、また過去からの累積を理解しやすいよう「年度末取得価額」を集計しています。また、環境保全コストの集計に際しては、従来同様、財務会計の勘定科目を網羅するようにしております。さらには、環境会計の充実を図るため、「環境負荷の統合化と環境生産性の算出」に取り組んでいます。

詳細はCSR 環境会計の詳細 をご覧下さい。

本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved