共通ナビゲーションを飛ばす

ごあいさつ

環境問題の根本的な解決をめざして

会員の皆さまのおかげをもちまして、エコカード基金は設立から15年目を迎えました。設立当初より、会員の皆さまとコスモ石油の接点である地球温暖化問題に取り組んでまいりましたが、この度、プロジェクトの一つであるソロモン諸島での活動が現地政府より高く評価され、前理事長の森川社長が叙勲を受けました。活動をおこなっている現場へは、私自身も実際に訪れたことがあり、思い出深い地ですので、なお一層うれしく思っています。日頃より基金を支えていただいている会員の皆さまには改めて感謝を申し上げます。

環境問題を解決する道のりは決して単純ではありませんので、根本的な解決方法を探り、活動場所に応じて取り組んでいくことが大切であると考えています。エコカード基金は、国内では地域の植生に適した森林保全活動、海外では海抜が低い南太平洋の島々での植林活動、焼畑や商業伐採を減らすための教育・農業支援などをおこない、環境問題を根本的に解決することをめざしています。ソロモン諸島でのプロジェクトでは、教育・農業支援をおこなうことで、現地住民の方々が焼畑や商業伐採に頼らずに生活を送ることができるよう、14年間にわたり支援をしてまいりました。

会員の皆さまと当基金が一体となり、環境問題の根本的な解決をめざして長年取り組んできた結果が、ソロモン諸島政府からの叙勲という成果に結びついたものと考えております。

この叙勲をきっかけとして、コスモ石油は、グループ全体でも更に地球環境問題への取り組みを深めてまいります。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

写真:コスモ石油エコカード基金 理事長 桐山 浩
コスモ石油
エコカード基金
理事長 桐山 浩
 
本文ここまで

Copyright© COSMO ENERGY HOLDINGS Co.,Ltd. All Rights Reserved